ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Arduino Digital Output

デジタル出力ピンの論理値の設定

ライブラリ

Simulink Support Package for Arduino® Hardware/Common

説明

Arduino ハードウェア上のデジタル ピンの論理値を設定します。

  • ブロック入力に 1 を送ると、デジタル ピン HIGH の論理値がボードの電圧に応じて 5 V または 3.3 V に設定されます。

  • ブロック入力に 0 を送ると、デジタル ピン LOW の論理値が 0 V に設定されます。

ブロック入力は上流ブロックのデータ型を継承し、内部ではそれを boolean に変換します。

このブロックを含むモデルのシミュレーションをターゲット ハードウェアなしで実行する場合、このブロックは処理を行いません。「シミュレーションでブロックがゼロを生成または何もしない」を参照してください。

ダイアログ ボックス

Pin number

デジタル ピンの番号を入力します。

モデル内で同じピン番号を複数のブロックに割り当てないでください。

[ターゲット ハードウェア] で設定したパラメーターに応じて、次のことを行います。

  • [Arduino Mega 2560] の場合、053 のピン番号を入力します。

  • [Arduino Uno] の場合、013 のピン番号を入力します。

  • [Arduino Nano] の場合、013 のピン番号を入力します。

    メモ:   [ターゲット ハードウェア] のパラメーターを変更するには、[ツール][ターゲット ハードウェアで実行][オプション] を選択します。

参考

|

外部の Web サイトに移動

この情報は役に立ちましたか?