ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

addFile

ファイルを Simulink プロジェクトに追加します。

構文

  • addFile(proj,file)

説明

addFile(proj,file) ファイルを proj プロジェクトに追加

すべて展開する

プロジェクトへのファイルの追加

機体のプロジェクトを開き、プロジェクト オブジェクトを作成します。

sldemo_slproject_airframe
proj = simulinkproject;

ファイルを削除します。

removeFile(proj,'models/AnalogControl.mdl')

ファイルをプロジェクトに再度追加します。

addFile(proj,'models/AnalogControl.mdl');

新しいモデルを作成して保存します。

new_system('mymodel');
save_system('mymodel');

新規ファイルをプロジェクトに追加します。

addFile(proj,'mymodel.slx');

入力引数

すべて展開する

proj - プロジェクトプロジェクト オブジェクト

プロジェクト オブジェクトとして指定されたプロジェクト。コマンド ラインにて Simulink® プロジェクトを操作するには、関数 simulinkproject を使用してプロジェクト オブジェクトを作成します。

file - ファイルのパス文字列

プロジェクトのルート フォルダーを基準としたファイルの相対パス (ファイルの拡張子を含む。文字列で指定)ファイルはルート フォルダー内になければなりません。

例: ‘models/myModelName.slx’

参考

MATLAB 関数

この情報は役に立ちましたか?