ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

add_param

Simulink システムにパラメーターを追加

構文

add_param('sys','parameter1',value1,'parameter2',value2,...)

説明

add_param コマンドは、パラメーターを指定したシステムに追加し、そのパラメーターを指定値に初期化します。パラメーター名の大文字と小文字の区別は無視されます。値の文字列では大文字と小文字が区別されます。パラメーターの値は、文字列でなければなりません。パラメーターをシステムに追加すると、標準の Simulink® パラメーターの場合と同様に、そのパラメーターに set_paramget_param を使用できます。Simulink はそのパラメーターをモデル ファイルに保存します。

    メモ:   システムに存在するパラメーターと同名のパラメーターを追加しようとすると、Simulink はエラーを表示します。

次のコマンド

add_param('vdp','DemoName','VanDerPolEquation','EquationOrder','2')

は、文字列値がそれぞれ 'VanDerPolEquation''2' であるパラメーター DemoNameEquationOrdervdp システムに追加します。その後、以下のコマンドを使用すると、DemoName パラメーターの値を取得できます。

get_param('vdp','DemoName')

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?