ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Signal Attributes

Data Type Conversion ブロックや Rate Transition ブロックなどの信号属性をサポートするブロック

Simulink ブロック

Data Type Conversion 入力信号を指定されたデータ型へ変換
Bus to Vector バーチャル バスをベクトルに変換
Data Type Conversion Inherited 継承したデータ型とスケーリングを使用して、データ型を別のデータ型へ変換
Data Type Duplicate すべての入力を強制的に同じデータ型にする
Data Type Propagation 基準信号の情報に基づく伝播信号のデータ型とスケーリングの設定
Data Type Scaling Strip スケーリングを除去と組み込み整数へのマップ
IC 信号の初期値を設定
Probe 信号の属性 (幅、次元、サンプル時間、および複素数信号フラグ) を出力
Rate Transition 異なるレートで動作しているブロック間の、データの伝達を処理
Signal Conversion 信号の値を変えることなく、信号を新しいタイプの信号に変換
Signal Specification 信号の必要な次元、サンプル時間、データ型、数値タイプ、および属性を指定
Weighted Sample Time サンプル時間を伴う計算をサポート
Width 入力ベクトルの幅を出力
この情報は役に立ちましたか?