ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル化の基礎

ブロックと信号線によるブロック線図モデルの構築

MATLAB 関数

simulink Simulink ブロック ライブラリを開く
new_system 空の Simulink システムを作成
open_system Simulink システム ウィンドウまたはブロック ダイアログ ボックスを開く
load_system Simulink モデルをバックグラウンド処理で読み込む
add_block ブロックをモデルに追加
add_line ラインを Simulink システムに追加
replace_block Simulink モデル内のブロックを置き換え
delete_block Simulink システムからのブロックの削除
delete_line Simulink システムからのラインの削除
bdroot 最上位の Simulink システムの名前を返す
find_system システム、ブロック、ライン、端子、注釈の検索
gcs 現在のシステムの絶対パス名を取得
getfullname ブロックまたはラインの絶対パス名を取得
gcb 現在の Simulink ブロックの絶対パス名を取得
gcbh 現在の Simulink ブロックのハンドルを取得
set_param システムとブロックのパラメーター値の設定
get_param システムとブロックのパラメーター値を取得
add_param Simulink システムにパラメーターを追加
delete_param add_param コマンドにより追加されたシステム パラメーターを削除
Simulink.BlockDiagram.createSubSystem 指定されたブロックのセットを含むサブシステムを作成する
Simulink.BlockDiagram.deleteContents ブロック線図の内容を削除する
Simulink.SubSystem.copyContentsToBlockDiagram サブシステムの内容を空のブロック線図にコピーする
Simulink.SubSystem.deleteContents サブシステムの内容を削除
save_system Simulink システムを保存
close_system Simulink システム ウィンドウまたはブロック ダイアログ ボックスを閉じる
bdclose 任意の、あるいはすべての Simulink システム ウィンドウを無条件に閉じる
bdIsLoaded ブロック線図がメモリ内に存在するかどうかの確認
slCharacterEncoding MATLAB 文字セット エンコードの変更
slIsFileChangedOnDisk モデルが読み込み後に変更されたかどうかを判定
この情報は役に立ちましたか?