ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの概要

モデルのアクティブな "コンフィギュレーション セット" の設定値を指定するには、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを使用します。使用するソルバーのタイプやインポート/エクスポート設定など、モデルの実行方法を決定する値は、コンフィギュレーション パラメーターによって決定されます。詳細は、「コンフィギュレーション セットコンフィギュレーション セット」を参照してください。

    メモ:   モデル エクスプローラーを使用して、アクティブなコンフィギュレーション セットまたはその他のコンフィギュレーション セットの設定値を変更することもできます。詳細は、「モデル エクスプローラーの概要」を参照してください。

このダイアログ ボックスを表示するには、Simulink® エディターで [シミュレーション][モデル コンフィギュレーション パラメーター] を選択するか、Ctrl + E を押します。ダイアログ ボックスが表示されます。

このダイアログ ボックスでは、コンフィギュレーション パラメーターがさまざまなカテゴリにグループ分けされています。特定のカテゴリのパラメーターを表示するには、ダイアログ ボックスの左側にある [選択] ツリーでそのカテゴリをクリックします。

ほとんどの場合、Simulink ソフトウェアでは、ダイアログ ボックス下部の [OK] または [適用] をクリックしない限り、変更が自動的に適用されることはありません。変更を適用してダイアログ ボックスを閉じるには、[OK] ボタンをクリックします。変更を適用するがダイアログ ボックスを開いたままにするには、[適用] ボタンをクリックします。

    メモ:   [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックス内の各パラメーターは、sim コマンドを使用して設定することもできます。各パラメーターの説明に、そのパラメーターに対応するコマンド ライン情報が記載されています。

この情報は役に立ちましたか?