ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink のユーザー インターフェイス

Simulink ライブラリ ブラウザー

Simulink® ライブラリ ブラウザーには、コンピューターにインストールされているブロック ライブラリが表示されます。ライブラリから Simulink エディターのモデル ウィンドウにブロックをコピーし、モデルの作成を開始します。

たとえば、ライブラリ ブラウザーは以下のようになります。

  • 左側の [ライブラリ] ペインでは、Sources ライブラリが選択されています。

  • Sine Wave ブロックが選択されています。

ライブラリ ブラウザー使用上のヒント

ライブラリ ブラウザーを使用して以下のようなタスクを実行できます。

タスクライブラリ ブラウザーで実行する処理
ライブラリのブロックを表示する左側のペインでライブラリ名を選択するか、右側のペインでライブラリ アイコンをダブルクリックします。
特定のブロックを検索するブロック検索フィールドにブロックの名前を入力して、ブロックの検索アイコン をクリックします。
ブロックについての概要情報を参照する[表示][ブロックの説明を表示] を選択してから、ブロックを選択します。
ブロックについての詳細情報を参照するブロックを選択してから、[ヘルプ][選択したブロックのヘルプ] の順に選択します。すると、そのブロックのリファレンス ページと共にヘルプ ブラウザーが表示されます。
ブロック パラメーターを表示するブロックを右クリックして、[ブロック パラメーター] を選択します。
ライブラリ ブラウザーからモデルにブロックをコピーするライブラリ ブラウザーから Simulink エディターのモデル ウィンドウにブロックをドラッグします。

標準ブロック ライブラリ

Simulink ソフトウェアには以下の標準ブロック ライブラリが用意されています。

ブロック ライブラリ説明
Commonly Used Blocks最もよく使用されるブロックを集めたライブラリ。ConstantIn1Out1ScopeSum などのブロックがあります。このライブラリにあるブロックは他のライブラリにも含まれています。
ContinuousDerivativeIntegrator などのブロックを使用する、モデル線形関数。
DiscontinuitiesSaturation などのブロックを使用して、入力の不連続な関数である出力を作成します。
DiscreteUnit Delay などのブロックを使用して、離散時間関数を表します。
Logic and Bit OperationsLogical OperatorRelational Operator などのブロックを使用して、論理演算やビット演算を実行します。
Lookup TablesCosineSine などのブロックを使用して、ルックアップ テーブルにより入力に対する出力を決定します。
Math OperationsGainProductSum などのブロックを使用して、数学関数と論理関数を実行します。
Model VerificationCheck Input Resolution などのブロックを使用して、自己検証型モデルを作成します。
Model-Wide UtilitiesModel Info などのブロックを使用して、モデルに関する情報を提供します。
Ports & SubsystemsIn1Out1Subsystem などのブロックを使用して、サブシステムを作成します。
Signal AttributesData Type Conversion などのブロックを使用して、信号の属性を変更します。
Signal RoutingMuxSwitch などのブロックを使用して、ブロック線図内の 1 点から別の点に向けて信号をルーティングします。
SinksOut1Scope などのブロックを使用して、出力の表示やエクスポートを実行します。
SourcesConstantIn1Sine Wave などのブロックを使用して、システム入力の生成やインポートを実行します。
User-Defined FunctionsMATLAB Function などのブロックを使用して、カスタム関数を定義します。
Additional Math & Additional Discrete数学関数と離散関数のブロックを集めた追加ライブラリが含まれています。

Simulink エディター

Simulink エディターにはモデルのブロック線図が表示されます。モデルを作成するには、Simulink ライブラリ ブラウザー ウィンドウから Simulink エディターのモデル ウィンドウにブロックをドラッグします。モデル ウィンドウでブロック線図を作成するには、ブロックを論理的に配置し、ブロックと信号線を接続して、各ブロックのパラメーターを設定します。

また、Simulink エディターを使用して以下のことが行えます。

  • モデルのコンフィギュレーション パラメーターの設定。これには、開始時間や終了時間、使用するソルバーの種類、データのインポートやエクスポートの設定などが含まれます。

  • モデルのシミュレーションの開始と終了。

  • モデルの保存。

  • ブロック線図の印刷。

この情報は役に立ちましたか?