ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB 関数

  • カテゴリ別: | アルファベット順
  • モデル化

    モデル化の基礎

    simulink Simulink ブロック ライブラリを開く
    new_system 空の Simulink システムを作成
    open_system Simulink システム ウィンドウまたはブロック ダイアログ ボックスを開く
    load_system Simulink モデルをバックグラウンド処理で読み込む
    add_block ブロックをモデルに追加
    add_line ラインを Simulink システムに追加
    replace_block Simulink モデル内のブロックを置き換え
    delete_block Simulink システムからのブロックの削除
    delete_line Simulink システムからのラインの削除
    bdroot 最上位の Simulink システムの名前を返す
    find_system システム、ブロック、ライン、端子、注釈の検索
    gcs 現在のシステムの絶対パス名を取得
    getfullname ブロックまたはラインの絶対パス名を取得
    gcb 現在の Simulink ブロックの絶対パス名を取得
    gcbh 現在の Simulink ブロックのハンドルを取得
    set_param システムとブロックのパラメーター値の設定
    get_param システムとブロックのパラメーター値を取得
    add_param Simulink システムにパラメーターを追加
    delete_param add_param コマンドにより追加されたシステム パラメーターを削除
    Simulink.BlockDiagram.createSubSystem 指定されたブロックのセットを含むサブシステムを作成する
    Simulink.BlockDiagram.deleteContents ブロック線図の内容を削除する
    Simulink.SubSystem.copyContentsToBlockDiagram サブシステムの内容を空のブロック線図にコピーする
    Simulink.SubSystem.deleteContents サブシステムの内容を削除
    save_system Simulink システムを保存
    close_system Simulink システム ウィンドウまたはブロック ダイアログ ボックスを閉じる
    bdclose 任意の、あるいはすべての Simulink システム ウィンドウを無条件に閉じる
    bdIsLoaded ブロック線図がメモリ内に存在するかどうかの確認
    slCharacterEncoding MATLAB 文字セット エンコードの変更
    slIsFileChangedOnDisk モデルが読み込み後に変更されたかどうかを判定

    モデルの設計

    モデルの階層構造

    Simulink.BlockDiagram.createSubSystem 指定されたブロックのセットを含むサブシステムを作成する
    Simulink.BlockDiagram.copyContentsToSubSystem ブロック線図の内容を空のサブシステムにコピーする
    Simulink.SubSystem.convertToModelReference Atomic Subsystem または Function-Call Subsystem をモデル参照に変換する
    Simulink.SubSystem.copyContentsToBlockDiagram サブシステムの内容を空のブロック線図にコピーする
    Simulink.SubSystem.deleteContents サブシステムの内容を削除
    Simulink.SubSystem.getChecksum 非バーチャル サブシステムのチェックサムを返す

    マルチコア プロセッサ ターゲット

    Simulink.SoftwareTarget.concurrentExecution 同時実行用に構成を作成する
    Simulink.SoftwareTarget.profile 同時実行用に構成されたモデルのプロファイル オプション
    Simulink.SoftwareTarget.AperiodicTrigger 非周期的トリガーを記述
    Simulink.SoftwareTarget.PeriodicTrigger 周期的トリガーを記述
    Simulink.SoftwareTarget.PosixSignalHandler POSIX ターゲットの非周期的なトリガーを記述
    Simulink.SoftwareTarget.Task 同時実行の単位をモデル化するタスクを記述
    Simulink.SoftwareTarget.TaskConfiguration 同時実行用にモデルを構成
    Simulink.SoftwareTarget.Trigger PeriodicTrigger と AperiodicTrigger の基本クラス
    Simulink.SoftwareTarget.WindowsEventHandler Windows ターゲットの非周期的トリガーを記述
    Simulink.GlobalDataTransfer 同時実行データ転送の設定

    モデルの構成

    ブロック

    set_param システムとブロックのパラメーター値の設定
    get_param システムとブロックのパラメーター値を取得
    add_param Simulink システムにパラメーターを追加
    delete_param add_param コマンドにより追加されたシステム パラメーターを削除
    eventData ブロック メソッドの実行イベントに関する情報を提供
    Simulink.DualScaledParameter ブロック パラメーターの値、値の範囲、データ型、およびその他のプロパティを指定 Simulink の 2 つのスケール パラメーターの名前、値、単位、その他のプロパティの指定
    Simulink.Parameter ブロック パラメーターの値、値の範囲、データ型、およびその他のプロパティを指定 Simulink の 2 つのスケール パラメーターの名前、値、単位、その他のプロパティの指定
    Simulink.ParamCoderInfo パラメーターに対してコードを生成するために必要な情報を指定

    信号

    disableimplicitsignalresolution 信号を明示的に決めるためにモデルを変換する
    signalbuilder Signal Builder ブロックを作成してアクセスする
    set_param システムとブロックのパラメーター値の設定
    get_param システムとブロックのパラメーター値を取得
    Simulink.Signal 信号の属性を指定
    Simulink.SignalCoderInfo 信号に対してコードを生成するために必要な情報を指定

    変数

    getVariable ワークスペースからの変数の値の取得
    hasVariable 変数がワークスペース内に存在するかどうかを判断
    intersect Simulink.VariableUsage オブジェクトの 2 つのベクトルの共通集合を出力
    setdiff Simulink.VariableUsage オブジェクトの 2 つのベクトルの間の差異を返す
    Simulink.findVars モデルとブロック内で検出される変数
    Simulink.saveVars MATLAB コード形式でワークスペース変数とその値を保存
    set_param システムとブロックのパラメーター値の設定
    get_param システムとブロックのパラメーター値を取得
    Simulink.ModelWorkspace モデル ワークスペースを記述
    Simulink.WorkspaceVar ワークスペース変数とそれを使用するブロックについての情報を格納
    Simulink.VariableUsage ワークスペース変数とそれを使用するブロックについての情報を取得

    サンプル時間

    Simulink.BlockDiagram.getSampleTimes モデルに関連付けられているすべてのサンプル時間を返す
    Simulink.Block.getSampleTimes ブロックのサンプル時間情報を返す
    Simulink.SampleTime サンプル時間の情報を含むオブジェクト
    Simulink.BlockPortData ブロックの入力端子または出力端子を記述

    データ型

    enumeration クラスの列挙型メンバーと名前を表示します。
    fixdt 固定小数点または浮動小数点のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
    fixpt_evenspace_cleanup ルックアップ テーブルのブレークポイントが等間隔になるように修正
    fixpt_interp1 1 次元のルックアップ テーブルの実装
    fixpt_look1_func_approx ルックアップ テーブルのデータ点を内挿することによって、非線形関数の固定小数点近似を最適化
    fixpt_look1_func_plot ルックアップ テーブルの固定小数点近似関数をプロットする
    fixpt_set_all サブシステム内の各固定小数点ブロックのプロパティを設定
    fixptbestexp 値の固定小数点表現を最高の精度で表現できる指数
    fixptbestprec 値を固定小数点で表現する際に可能な最高精度の導出
    float 浮動小数点データ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
    fxptdlg 固定小数点ツールを起動
    num2fixpt 数値を、指定した固定小数点データ型で表現可能な最近値に変換
    sfix 符号付き固定小数点のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
    sfrac 符号付き分数のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
    Simulink.defineIntEnumType 列挙型データを定義
    sint 符号付き整数のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
    tunablevars2parameterobjects 調整可能なパラメーターから Simulink パラメーター オブジェクトを作成
    ufix 符号なしの固定小数点のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
    ufrac 符号なしの分数のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
    uint 符号なしの整数のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
    Simulink.AliasType 信号およびパラメーター データ型のエイリアスの作成
    Simulink.NumericType データ型の指定

    モデル、ブロックおよび端子のコールバック

    set_param システムとブロックのパラメーター値の設定
    get_param システムとブロックのパラメーター値を取得
    getCallbackAnnotation 注釈についての情報を取得
    Simulink.Annotation モデルの注釈プロパティの指定

    視覚的表現

    hilite_system Simulink オブジェクトの強調表示

    注釈

    docblock Simulink DocBlock が呼び出すエディターの取得と設定
    hilite_system Simulink オブジェクトの強調表示
    getCallbackAnnotation 注釈についての情報を取得
    Simulink.Annotation モデルの注釈プロパティの指定

    マスク

    Simulink.Mask マスクをプログラムで制御
    Simulink.MaskParameter マスク パラメーターをプログラムで制御

    モデルの共有

    モデルの印刷とエクスポート

    print Figure の印刷またはファイルへの保存
    orient ハードコピー用紙の設定方向の指定

    モデルの変換

    離散化

    slmdldiscui モデルの離散化ツール GUI を開く
    sldiscmdl 連続的なブロックを含むモデルの離散化

    平衡化と線形化

    trim 動的システムの平衡点の検出
    dlinmod 離散時間線形状態空間モデルを操作点の周りで抽出
    linmod 連続時間線形状態空間モデルを操作点の周りで抽出
    linmod2 連続時間線形状態空間モデルを操作点の周りで抽出
    linmodv5 連続時間線形状態空間モデルを操作点の周りで抽出
    Simulink.BlockDiagram.getInitialState ブロック線図の初期状態構造体を返す

    固定小数点

    fxptdlg 固定小数点ツールを起動
    fixdt 固定小数点または浮動小数点のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
    fixpt_evenspace_cleanup ルックアップ テーブルのブレークポイントが等間隔になるように修正
    fixpt_interp1 1 次元のルックアップ テーブルの実装
    fixpt_look1_func_approx ルックアップ テーブルのデータ点を内挿することによって、非線形関数の固定小数点近似を最適化
    fixpt_look1_func_plot ルックアップ テーブルの固定小数点近似関数をプロットする
    fixpt_set_all サブシステム内の各固定小数点ブロックのプロパティを設定
    fixptbestexp 値の固定小数点表現を最高の精度で表現できる指数
    fixptbestprec 値を固定小数点で表現する際に可能な最高精度の導出
    float 浮動小数点データ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成
    num2fixpt 数値を、指定した固定小数点データ型で表現可能な最近値に変換
    sfix 符号付き固定小数点のデータ型を記述した Simulink.NumericType オブジェクトの作成

    モデル構文の検証

    modeladvisor モデル アドバイザーを開く
    sldiagnostics Simulink システムに関する診断情報の表示
    Simulink.BlockDiagram.getChecksum モデルのチェックサムを返す
    Simulink.SubSystem.getChecksum 非バーチャル サブシステムのチェックサムを返す
    addterms モデル内の接続されていない端子にターミネータを追加
    Simulink.ModelAdvisor MATLAB ファイルからモデル アドバイザーを実行
    Simulink.Preferences モデル アドバイザー設定

    シミュレーション

    シミュレーションの構成

    openDialog [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログを開く
    closeDialog コンフィギュレーション パラメーター ダイアログを閉じる
    set_param システムとブロックのパラメーター値の設定
    get_param システムとブロックのパラメーター値を取得
    add_param Simulink システムにパラメーターを追加
    delete_param add_param コマンドにより追加されたシステム パラメーターを削除

    データのインポート

    getInputString マッピングする変数のコンマ区切りのリストを作成する
    getSlRootInportMap Simulink マッピング モードを使用して信号をルートレベルの Inport にマッピングするカスタム オブジェクトの作成
    getRootInportMap 信号をルートレベルの Inport にマッピングするカスタム オブジェクトの作成
    Simulink.BlockDiagram.getInitialState ブロック線図の初期状態構造体を返す
    Simulink.Bus.createMATLABStruct バス信号と同じ階層と属性の MATLAB 構造体を作成
    Simulink.SimulationData.createStructOfTimeseries MATLAB timeseries オブジェクトのリーフ ノードを用いた構造体の作成

    シミュレーションの実行

    プログラムによる実行

    sim 動的システムのシミュレーション
    model モデルのシミュレーションの特定のフェーズを実行
    find シミュレーション結果の値へのアクセスと表示
    get シミュレーション結果の値へのアクセスと表示
    who 最上位のデータ ログ オブジェクトの名前を Simulink データ ログにリストする
    set_param システムとブロックのパラメーター値の設定
    get_param システムとブロックのパラメーター値を取得
    getInitialState ブロック線図の初期状態構造体を返す
    setBlockSimState 個々の Stateflow Chart、MATLAB Function、S-Function ブロックの SimState へのアクセス
    getBlockSimState 個々の Stateflow Chart、MATLAB Function、S-Function ブロックの SimState へのアクセス
    add_exec_event_listener ブロック メソッド実行イベントに対するリスナーを登録
    Simulink.SimState.ModelSimState SimState スナップショット データへのアクセス

    結果の可視化

    find 配列内の非ゼロ要素を検索します。
    get シミュレーション結果の値へのアクセスと表示
    who 最上位のデータ ログ オブジェクトの名前を Simulink データ ログにリストする
    model モデルをブロックとして別のモデルに含める
    Simulink.ScopeDataLogs Scope 信号ビューアーに表示されたデータのログを作成

    実行時の情報のエクスポート

    信号のログ

    Simulink.ModelDataLogs.convertToDataset ログ データの Simulink.ModelDataLogs 形式から Simulink.SimulationData.Dataset 形式からへの変換
    Simulink.SimulationData.signalLoggingSelector 信号のログ セレクターを開く
    Simulink.SimulationData.updateDatasetFormatLogging 信号のログに Dataset 形式を使用するよう、モデルおよびその参照モデルを変換する
    unpack 信号ログから信号ログ処理オブジェクトを抽出し、MATLAB ワークスペースに書き込む
    Simulink.SimulationData.createStructOfTimeseries MATLAB timeseries オブジェクトのリーフ ノードを用いた構造体の作成
    who 最上位のデータ ログ オブジェクトの名前を Simulink データ ログにリストする
    whos 最上位のデータ ログ オブジェクトの名前と型を Simulink データ ログにリストする
    Simulink.ModelDataLogs モデルの信号データ ログのコンテナー
    Simulink.SimulationData.BlockPath 完全に指定された Simulink ブロック パス
    Simulink.SimulationData.Dataset MATLABtimeseries オブジェクトを使用するログ データのコンテナー
    Simulink.SimulationData.LoggingInfo 信号ログ オーバーライド設定
    Simulink.SimulationData.ModelLoggingInfo モデルの信号ログ オーバーライド設定
    Simulink.SimulationData.Signal 信号のログ情報のコンテナー
    Simulink.SimulationData.SignalLoggingInfo 信号の信号ログ オーバーライド設定
    Simulink.SimulationOutput シミュレーション結果のオブジェクト値へのアクセス
    Simulink.SubsysDataLogs サブシステムの信号データ ログを格納
    Simulink.TimeInfo Simulink.Timeseries オブジェクトの時間データについての情報を提供
    Simulink.Timeseries mux およびバス信号以外の信号のデータの保存
    Simulink.TsArray mux またはバグ信号のデータを保存
    Simulink.Timeseries mux およびバス信号以外の信号のデータの保存

    システム動作の検証

    Simulink.sdi.view シミュレーション データ インスペクター ツールを開く
    Simulink.sdi.addToRun 新しいシミュレーション データを既存の実行に追加する
    Simulink.sdi.clear シミュレーション データ インスペクターからデータをすべて消去する
    Simulink.sdi.close シミュレーション データ インスペクターを閉じる
    Simulink.sdi.compareRuns 2 つのシミュレーション実行間の信号データを比較する
    Simulink.sdi.compareSignals 2 つの信号からデータを比較する
    Simulink.sdi.copyRun シミュレーション出力データを含んだ実行のコピーを作成する
    Simulink.sdi.createRun シミュレーション データ インスペクターで実行を作成する
    Simulink.sdi.deleteRun シミュレーション データ インスペクターから実行を削除します。
    Simulink.sdi.getRun シミュレーション出力データを含んだ Simulink.sdi.Run オブジェクトを返す
    Simulink.sdi.getRunCount シミュレーション データ インスペクター内の実行数を返す
    Simulink.sdi.getRunIDByIndex 実行インデックスに対応する実行 ID を返す
    Simulink.sdi.getSignal シミュレーション データ インスペクター内の信号の Simulink.sdi.Signal オブジェクトを返す
    Simulink.sdi.getSource シミュレーション データの格納場所を返す
    Simulink.sdi.isValidRunID 実行 ID が有効かどうかを判定する
    Simulink.sdi.load 保存したシミュレーション データ インスペクター セッションを読み込む
    Simulink.sdi.refresh シミュレーション データ インスペクターの更新
    Simulink.sdi.report シミュレーション データ インスペクター ツールからレポートを生成する
    Simulink.sdi.save 現在のシミュレーション データ インスペクター セッションを保存する
    Simulink.sdi.setRunNamingRule 実行の命名規則を指定
    Simulink.sdi.setRunOverwrite 上書きするシミュレーション実行にマークを付ける
    Simulink.sdi.setSource シミュレーション データの格納先を設定
    Simulink.sdi.DiffRunResult 2 つのシミュレーション実行の比較結果
    Simulink.sdi.DiffSignalResult 2 つの信号の比較結果
    Simulink.sdi.Run シミュレーション実行の信号データおよびメタデータを管理
    Simulink.sdi.Signal 信号の時系列データおよびメタデータを管理

    平衡化と線形化

    trim 動的システムの平衡点の検出
    dlinmod 離散時間線形状態空間モデルを操作点の周りで抽出
    linmod 連続時間線形状態空間モデルを操作点の周りで抽出
    linmod2 連続時間線形状態空間モデルを操作点の周りで抽出
    linmodv5 連続時間線形状態空間モデルを操作点の周りで抽出
    getInitialState ブロック線図の初期状態構造体を返す

    テストとデバッグ

    診断

    sldiagnostics Simulink システムに関する診断情報の表示
    Simulink.BlockDiagram.getChecksum モデルのチェックサムを返す
    Simulink.SubSystem.getChecksum 非バーチャル サブシステムのチェックサムを返す
    modeladvisor モデル アドバイザーを開く
    sldebug シミュレーションをデバッグ モードで開始
    addterms モデル内の接続されていない端子にターミネータを追加

    信号解析

    signalbuilder Signal Builder ブロックを作成してアクセスする
    disableimplicitsignalresolution 信号を明示的に決めるためにモデルを変換する

    デバッグ

    sldebug シミュレーションをデバッグ モードで開始

    パフォーマンス

    パフォーマンスの自動最適化

    performanceadvisor パフォーマンス アドバイザーを開く

    速度の向上

    sim 動的システムのシミュレーション
    set_param システムとブロックのパラメーター値の設定
    Simulink.BlockDiagram.buildRapidAcceleratorTarget モデルのラピッド アクセラレータ ターゲットをビルドして実行時パラメーター セットを返す
    Simulink.BlockDiagram.getChecksum モデルのチェックサムを返す
    Simulink.SubSystem.getChecksum 非バーチャル サブシステムのチェックサムを返す
    slbuild スタンドアロン ターゲットとモデル参照ターゲットを作成

    モデル実行のプロファイル

    slprofreport 以前の実行で保存されたデータ、ProfileData からのプロファイラー レポートの再生成
    sldiagnostics Simulink システムに関する診断情報の表示

    コンポーネントベースのモデル化

    モデル アーキテクチャ

    サブシステム

    Simulink.BlockDiagram.createSubSystem 指定されたブロックのセットを含むサブシステムを作成する
    Simulink.BlockDiagram.copyContentsToSubSystem ブロック線図の内容を空のサブシステムにコピーする
    Simulink.SubSystem.convertToModelReference Atomic Subsystem または Function-Call Subsystem をモデル参照に変換する
    Simulink.SubSystem.copyContentsToBlockDiagram サブシステムの内容を空のブロック線図にコピーする
    Simulink.SubSystem.deleteContents サブシステムの内容を削除

    ライブラリ

    libinfo モデルにより参照されるライブラリ ブロックに関する情報を取得
    gcb 現在の Simulink ブロックの絶対パス名を取得
    gcbh 現在の Simulink ブロックのハンドルを取得

    モデル参照

    find_mdlrefs モデル ブロックや参照先モデルをすべてまたは最上位のみのレベルで検索
    view_mdlrefs モデル参照の依存関係を表示
    Simulink.SubSystem.convertToModelReference Atomic Subsystem または Function-Call Subsystem をモデル参照に変換する
    slbuild スタンドアロン ターゲットとモデル参照ターゲットを作成
    Simulink.BlockPath 完全に指定された Simulink ブロック パス

    バリアント システム

    Simulink.Variant モデル参照のバリアントおよびその実行環境の指定
    Simulink.VariantConfigurationData バリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトを表すクラス

    データ ストア

    Simulink.SimulationData.DataStoreMemory データ ストア ログ情報のコンテナー
    Simulink.ModelDataLogs モデルの信号データ ログのコンテナー
    Simulink.SimulationData.BlockPath 完全に指定された Simulink ブロック パス
    Simulink.SimulationData.Dataset MATLABtimeseries オブジェクトを使用するログ データのコンテナー

    合成信号

    Simulink.BlockDiagram.addBusToVector バスを Vector ブロックに追加してバーチャル バス信号をベクトル信号に変換
    Simulink.Bus.cellToObject バスの情報を含むセル配列をバス オブジェクトに変換
    Simulink.Bus.createMATLABStruct バス信号と同じ階層と属性の MATLAB 構造体を作成
    Simulink.Bus.createObject ブロックに対し、バス オブジェクトを作成
    Simulink.Bus.objectToCell バス オブジェクトをバスの情報を含むセル配列に変換
    Simulink.Bus.save MATLAB ファイルにバス オブジェクトを保存
    slreplace_mux Bus Creator ブロックでバスの生成に使用される Mux ブロックを置き換える
    Simulink.Bus 信号バスのプロパティを指定
    Simulink.BusElement 信号バスの要素を記述

    シミュレーション

    コンフィギュレーション セット

    attachConfigSet コンフィギュレーション セットまたはコンフィギュレーション参照をモデルに関連付ける
    attachConfigSetCopy コンフィギュレーション セットまたはコンフィギュレーション参照のコピーをモデルに関連付ける
    detachConfigSet コンフィギュレーション セットまたはコンフィギュレーション参照のモデルからの分離
    getActiveConfigSet モデルのアクティブなコンフィギュレーション セットまたはコンフィギュレーション参照を取得
    getConfigSet モデルのコンフィギュレーション セットまたはコンフィギュレーション参照の 1 つを取得
    getConfigSets モデルのコンフィギュレーション セットまたはコンフィギュレーション参照の名前を取得
    setActiveConfigSet モデルのアクティブなコンフィギュレーション セットまたはコンフィギュレーション参照を指定
    Simulink.BlockDiagram.loadActiveConfigSet コンフィギュレーション セットを読み込み、モデルと関連付けてアクティブ化
    Simulink.BlockDiagram.saveActiveConfigSet モデルのアクティブなコンフィギュレーション セットを保存
    set_param システムとブロックのパラメーター値の設定
    get_param システムとブロックのパラメーター値を取得
    Simulink.ConfigSet モデルのコンフィギュレーション セットにアクセスする
    Simulink.ConfigSetRef 他のモデルと独立して格納されたコンフィギュレーション セットにモデルをリンクする

    データ ログ

    Simulink.ModelDataLogs モデルの信号データ ログのコンテナー
    Simulink.SimulationData.BlockPath 完全に指定された Simulink ブロック パス
    Simulink.SimulationData.Dataset MATLABtimeseries オブジェクトを使用するログ データのコンテナー
    Simulink.SimulationData.LoggingInfo 信号ログ オーバーライド設定
    Simulink.SimulationData.ModelLoggingInfo モデルの信号ログ オーバーライド設定
    Simulink.SimulationData.Signal 信号のログ情報のコンテナー
    Simulink.SimulationData.SignalLoggingInfo 信号の信号ログ オーバーライド設定
    Simulink.SimulationOutput シミュレーション結果のオブジェクト値へのアクセス
    Simulink.SubsysDataLogs サブシステムの信号データ ログを格納
    Simulink.TimeInfo Simulink.Timeseries オブジェクトの時間データについての情報を提供
    Simulink.Timeseries mux およびバス信号以外の信号のデータの保存
    Simulink.TsArray mux またはバグ信号のデータを保存
    Simulink.Timeseries mux およびバス信号以外の信号のデータの保存

    プロジェクト管理

    Simulink プロジェクト

    Simulink プロジェクトの設定
    simulinkproject Simulink プロジェクト ツールを開く
    slproject.loadProject Simulink プロジェクトを読み込みます。
    addFile ファイルを Simulink プロジェクトに追加します。
    close Simulink プロジェクトを閉じる
    export Simulink プロジェクトを zip にエクスポートする
    findFile 名前を指定して Simulink プロジェクト ファイルを取得
    isLoaded Simulink プロジェクトが読み込まれているかどうかを確認する
    reload Simulink プロジェクトの再読み込み
    removeFile Simulink プロジェクトからファイルを削除する
    Simulink プロジェクト ファイルの管理
    simulinkproject Simulink プロジェクト ツールを開く
    slproject.loadProject Simulink プロジェクトを読み込みます。
    addFile ファイルを Simulink プロジェクトに追加します。
    addLabel Simulink プロジェクトファイルにラベルを追加します。
    close Simulink プロジェクトを閉じる
    createCategory Simulink プロジェクト ラベルのカテゴリの作成
    createLabel Simulink プロジェクトのラベルの定義
    export Simulink プロジェクトを zip にエクスポートする
    findCategory ラベルの Simulink プロジェクト カテゴリの取得
    findFile 名前を指定して Simulink プロジェクト ファイルを取得
    findLabel Simulink プロジェクト ファイルのラベルを取得する
    isLoaded Simulink プロジェクトが読み込まれているかどうかを確認する
    reload Simulink プロジェクトの再読み込み
    removeCategory ラベルの Simulink プロジェクト カテゴリの削除
    removeFile Simulink プロジェクトからファイルを削除する
    removeLabel Simulink プロジェクトからラベルを削除する
    依存性解析
    simulinkproject Simulink プロジェクト ツールを開く
    dependencies.fileDependencyAnalysis モデル ファイルの依存関係の検出
    dependencies.toolboxDependencyAnalysis ツールボックスの依存関係の検出
    Simulink プロジェクトのソース管理
    simulinkproject Simulink プロジェクト ツールを開く

    モデルの調査

    Simulink.MDLInfo ブロック線図をメモリに読み込まずにモデル ファイル情報を抽出する
    Simulink.MDLInfo.getDescription ブロック線図をメモリに読み込まずにモデル ファイル情報を抽出する
    Simulink.MDLInfo.getMetadata ブロック線図をメモリに読み込まずにモデル ファイル メタデータを抽出する

    モデリング ガイドライン

    モデルのアップグレード

    upgradeadvisor アップグレード アドバイザーを開く
    slupdate 旧バージョンのブロックを最新バージョンに置き換え

    ブロックの作成

    ブロック マスク

    Simulink.Mask マスクをプログラムで制御
    Simulink.MaskParameter マスク パラメーターをプログラムで制御

    カスタム MATLAB アルゴリズム

    MATLAB アルゴリズム設計

    アルゴリズム設計の基礎
    coder.allowpcode 保護された MATLAB ファイルからのコード生成の制御
    coder.ceval 外部 C/C++ 関数の呼び出し
    coder.cinclude 生成コードにヘッダー ファイルをインクルードする
    coder.cstructname 生成コード内の構造体名の指定
    coder.extrinsic 外部関数の宣言
    coder.inline 生成コードにおけるインライン化の制御
    coder.load MAT ファイルまたは ASCII ファイルから、呼び出し側ワークスペースにコンパイル時の定数を読み込む
    coder.nullcopy 初期化されていない変数の宣言
    coder.opaque 生成コード内の変数の宣言
    coder.ref 読み取り入力または書き込み出力としての引数の参照渡し
    coder.rref 読み取り専用の入力として引数を参照渡しする
    coder.target コード生成ターゲットが指定されたターゲットかどうかを判別
    coder.unroll 生成コード内で for ループの本体を反復ごとにコピー
    coder.varsize 可変サイズ データの宣言
    coder.wref 書き込み専用の出力として引数を参照渡しする
    データ定義
    可変サイズ データ
    coder.varsize 可変サイズ データの宣言
    coder.typeof MATLAB 値の正準型への変換
    構造体
    coder.cstructname 生成コード内の構造体名の指定
    関数定義
    coder.extrinsic 外部関数の宣言

    コード生成

    coder.allowpcode 保護された MATLAB ファイルからのコード生成の制御
    coder.ceval 外部 C/C++ 関数の呼び出し
    coder.cinclude 生成コードにヘッダー ファイルをインクルードする
    coder.const 生成コードでの定数への式のたたみ込み
    coder.cstructname 生成コード内の構造体名の指定
    coder.extrinsic 外部関数の宣言
    coder.inline 生成コードにおけるインライン化の制御
    coder.load MAT ファイルまたは ASCII ファイルから、呼び出し側ワークスペースにコンパイル時の定数を読み込む
    coder.opaque 生成コード内の変数の宣言
    coder.ref 読み取り入力または書き込み出力としての引数の参照渡し
    coder.rref 読み取り専用の入力として引数を参照渡しする
    coder.screener 関数がコード生成に適しているかどうか判別
    coder.target コード生成ターゲットが指定されたターゲットかどうかを判別
    coder.unroll 生成コード内で for ループの本体を反復ごとにコピー
    coder.wref 書き込み専用の出力として引数を参照渡しする
    coder.updateBuildInfo ビルド情報オブジェクト RTW.BuildInfo の更新
    coder.ExternalDependency 外部コードへのインターフェイス
    coder.BuildConfig コード生成時のビルド コンテキスト

    パフォーマンス

    coder.inline 生成コードにおけるインライン化の制御
    coder.unroll 生成コード内で for ループの本体を反復ごとにコピー
    coder.const 生成コードでの定数への式のたたみ込み

    レガシ コードの統合

    legacy_code レガシ コード ツールの使用

    ホスト固有のコード

    MATLAB S-Function

    Simulink.MSFcnRunTimeBlock Level-2 MATLAB S-Function ブロックに関する実行時の情報を取得する
    Simulink.RunTimeBlock シミュレーションの実行中における、Level-2 MATLAB S-Function やその他の MATLAB プログラムによるブロックに関する情報の取得
    Simulink.BlockData ブロック パラメーターなど、ブロックに関連するデータの実行時の情報を提供する
    Simulink.BlockPortData ブロックの入力端子または出力端子を記述
    Simulink.BlockCompDworkData ブロックの Dwork ベクトルに関するコンパイル後の情報を提供する
    Simulink.BlockCompInputPortData ブロックの入力端子に関するコンパイル後の情報を提供
    Simulink.BlockCompOutputPortData ブロックの出力端子に関するコンパイル後の情報を提供
    Simulink.BlockPreCompInputPortData ブロックの入力端子に関するコンパイル前の情報を提供
    Simulink.BlockPreCompOutputPortData ブロックの出力端子に関するコンパイル前の情報を提供

    System object の統合

    System object の定義

    基本的な演算
    matlab.System System Object の基底クラス
    matlab.system.mixin.FiniteSource 有限ソース mixin クラス
    matlab.system.StringSet 一連の有効な文字列値
    プロパティと状態
    matlab.System System Object の基底クラス
    matlab.system.StringSet 一連の有効な文字列値
    読み込みと保存
    matlab.System System Object の基底クラス
    System ブロックのアイコンとダイアログ
    matlab.System System Object の基底クラス
    matlab.system.mixin.CustomIcon カスタム アイコン mixin クラス
    matlab.system.display.Header System object プロパティのヘッダー
    matlab.system.display.Section System object のプロパティ グループ セクション
    matlab.system.display.SectionGroup System object のセクション グループ
    System ブロックの出力の指定
    matlab.System System Object の基底クラス
    matlab.system.mixin.Propagates 信号特性伝播 mixin クラス
    System ブロックの非直接フィードスルー
    matlab.System System Object の基底クラス
    matlab.system.mixin.Nondirect 非直接フィードスルー mixin クラス

    ターゲット ハードウェア

    Arduino ハードウェア

    supportPackageInstaller サポート パッケージ インストーラーを開始し、サードパーティのハードウェアまたはソフトウェアのサポートをインストール

    BeagleBoard ハードウェア

    supportPackageInstaller サポート パッケージ インストーラーを開始し、サードパーティのハードウェアまたはソフトウェアのサポートをインストール
    targetupdater サポート パッケージ インストーラーを開き、サードパーティ ハードウェアのファームウェアを更新

    Gumstix Overo ハードウェア

    supportPackageInstaller サポート パッケージ インストーラーを開始し、サードパーティのハードウェアまたはソフトウェアのサポートをインストール
    targetupdater サポート パッケージ インストーラーを開き、サードパーティ ハードウェアのファームウェアを更新

    LEGO MINDSTORMS NXT ハードウェア

    supportPackageInstaller サポート パッケージ インストーラーを開始し、サードパーティのハードウェアまたはソフトウェアのサポートをインストール
    targetupdater サポート パッケージ インストーラーを開き、サードパーティ ハードウェアのファームウェアを更新

    PandaBoard ハードウェア

    supportPackageInstaller サポート パッケージ インストーラーを開始し、サードパーティのハードウェアまたはソフトウェアのサポートをインストール
    targetupdater サポート パッケージ インストーラーを開き、サードパーティ ハードウェアのファームウェアを更新

    Raspberry Pi ハードウェア

    supportPackageInstaller サポート パッケージ インストーラーを開始し、サードパーティのハードウェアまたはソフトウェアのサポートをインストール
    targetupdater サポート パッケージ インストーラーを開き、サードパーティ ハードウェアのファームウェアを更新
    この情報は役に立ちましたか?