ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

可変サイズの信号の基本操作

このモデルでは、可変サイズ信号を生成する方法を示し、また、この信号に適用可能な一部の操作について説明します。この例では、可変サイズの信号に関連する基本操作を紹介します。

この例について

モデル例 sldemo_varsize_basicsldemo_varsize_basic を開きます。このモデルには、可変サイズの信号をサポートするブロックがいくつか含まれています。

可変サイズの信号を生成する一般的な方法は以下のとおりです。

  • 各入力端子に異なるサイズの信号を含む Switch ブロックを使用する。

  • Selector ブロックを使用して、サイズ選択インデックスが時間によって変化できるようにする。

80 個のブロックで可変サイズの信号を操作できます。その中には、Gain ブロック、Sum ブロック、Math Function ブロック、Matrix Concatenate ブロック、Bus Creator ブロックなどが含まれます。また、Width ブロックまたは Probe ブロックを使用して可変サイズの信号を調べたり、Scope ブロック上に可変サイズの信号を表示したり、To Workspace ブロックを使用して可変サイズの信号をワークスペースに保存することなどもできます。

可変サイズの信号をサポートするブロックの完全なリストは、Simulink ドキュメンテーションの「可変サイズ信号の Simulink ブロック サポート」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?