ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

並列チャンネルの電力割り当て

このモデルは、Find ブロックの機能を引き出す使用方法を示します。このブロックは、入力の非零値のインデックスを含む可変サイズの信号を出力します。

この例について

モデル例 sldemo_varsize_channel_pow_allocsldemo_varsize_channel_pow_alloc を開きます。このモデルは、電力の割り当てが存在する場合に通信チャネルの最適な電力割り当てを得るための注水アルゴリズムを実装します。各通信チャネルは独立していて (つまり並列チャネルであり)、それぞれノイズ レベルが異なります。

このアルゴリズムでは、ノイズ レベルが水線より低いチャネルがブロードキャストされるように、水線の値が反復して上げられます。これらの送信チャネルで使用される電力は、水線とチャネルのノイズ レベルとの差に等しくなります。すべての送信チャネルで使用される電力の合計は、指定された許容誤差内の電力の割り当てを満たす必要があります。

Find ブロックは、特定の水線値に対して使用される全電力の計算に使用されます。その水線レベルで送信するように設定されているチャネルが、論理インデックスを使用して選択されます。論理インデックスは、水線とチャネル ノイズ レベルとの差をしきい値処理した後で得られます。その結果、ノイズ レベルが水線よりも高いチャネルにはゼロが割り当てられ、ノイズ レベルが水線より低いチャネルには 1 が割り当てられます。Find ブロックは、論理インデックスを線形インデックスに変換するために使用されます。しきい値を下回るチャネルの数がコンパイル時には知られていないため、この信号は可変サイズの信号によって正しくモデル化されることに注意してください。線形インデックスが Selector ブロックに送られます。このブロックでは、チャネル送信電力が選択されます。次に、これらの電力が合計されて、現在の使用電力の値が得られます。この値が電力の割り当てより小さい場合、水線が上げられ、使用電力が電力制約に等しくなるまでこのプロセスが繰り返されます。

この情報は役に立ちましたか?