ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

バス配列のモデル化

この例では Simulink でバス配列を使用し、同じバスの複数のコピーをインクルードする必要を無くして、構造化されたデータを簡潔に表現する方法を説明します。また、バス配列の各要素を反復して処理するよう For Each Subsystem を使用できます。

この例では、Vector Concatenate ブロックを使用してバス配列を作成します。Concatenate ブロックへの入力バス信号は非バーチャルで、同じタイプ (つまり、リーフ要素に対して名前、階層、属性が同じ) でなければなりません。

この例では、Selector ブロックと Assignment ブロックを使用して、バス配列から選択する方法とバス配列に割り当てる方法についても説明します。

この情報は役に立ちましたか?