ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル参照の関数呼び出し

この例では、関数呼び出しトリガー端子を介して明示的にトリガーされる Model Reference ブロックの使用方法を示します。

例の要件

この例の実行中、Simulink は現在の作業ディレクトリにファイルを生成します。このディレクトリにファイルを生成したくない場合は、作業ディレクトリを、適切なディレクトリに変更する必要があります。

モデル例を開く

まだ開いていない場合は、モデル例を開いてくださいモデル例を開いてください

モデル参照による関数呼び出し

このモデルには、500ms Counter、1 sec Counter および Asynchronous Counter という 3 つの Model ブロックが含まれています。これらのブロックは、同じモデル sldemo_mdlref_fcncall_cntrsldemo_mdlref_fcncall_cntr を参照します。これらの Model ブロックは、関数呼び出しトリガー端子を介して明示的にトリガーされるたびに出力値を 1 ずつ増加させる飽和カウンターを表します。Stateflow の Chart のスケジューラは、各 Model ブロックをそれぞれの指定されたレートで呼び出します。

モデルのシミュレーション

モデル sldemo_mdlref_fcncallシミュレーションシミュレーションし、Scope ブロックに表示される結果を調べて、カウンターの動作を確認できます。

モデルを閉じる

モデル例を閉じます。モデル例を閉じます。

この情報は役に立ちましたか?