ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB System ブロックを使用した可変サイズの入力および出力信号

この例では、MATLAB System ブロックを使用して、可変サイズの入力および出力信号を使用する Simulink ブロックを作成する方法を示します。

2 つの MATLAB System ブロックを取り上げます。両方のブロックは、同じ System object™ を使用します。その MATLAB ソース コードには、ブロック ダイアログから [ソース コード] ハイパーリンクをクリックすることでアクセスできます。

この System object は、インターフェイス クラス matlab.System と matlab.system.mixin.Propagates から継承します。インターフェイス クラス matlab.System は、すべての System object で必要です。MATLAB System ブロックと共に可変サイズ信号を使用するには、matlab.system.mixin.Propagates からも System object を継承する必要があります。

System object は、各出力が固定サイズか可変サイズかを指定します。また、各出力のサイズ、タイプおよび実数/複素数も指定します。ブロックの出力信号は、線形インデックスと、ブロック ダイアログで指定された条件に準拠する入力要素を表します。

この情報は役に立ちましたか?