ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

VRML 可視化を使ったフーコーの振子モデル

この例では、フーコーの振子問題の微分方程式を解く方法を示し、振子の振り玉の運動を VRML 画面に表示します。振子の位置を変更するには、モデルの Latitude / Longitude 定数値およびその他のパラメーター (g、Omega、L、初期条件) を MATLAB ワークスペースで変更します。

このモデルには 2 つの VRML 画面が関連付けられています。フーコーの振子自体を表示する画面と、振子の地球上の地理的位置を示す画面です。シミュレーション中、地球の座標系における振子の現在の位置と初期位置が 2 つの矢印マーカーで表示されます。

この情報は役に立ちましたか?