ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink プロジェクトにおける MDL から SLX モデル ファイル形式への変換

この例では、MDL 形式から SLX 形式のモデル ファイルへのアップグレードを Simulink プロジェクトのチェック機能がサポートする方法を示します。R2012b における Simulink モデルの既定のファイル形式は SLX 形式です。

Airframe Example Project を開いて MDL ファイルを SLX で保存

次のコマンドを実行して、"sldemo_slproject_airframe" の例の作業用コピーを作成して開きます。

Simulink.ModelManagement.Project.projectDemo('airframe');
Created temporary Simulink Project example files in "C:\TEMP\R2013bd_689_5180\20130809T032414\airframe"

このプロジェクト内の全 MDL ファイルの検出および SLX への変換

プロジェクト内のすべてのファイルを表示するには、[プロジェクト ファイル] ノードをクリックします。モデル フォルダー内を調べて、このプロジェクトに MDL 形式で保存されたモデルが含まれることを確認します。

Simulink プロジェクト API を使用して、このプロジェクト内にある MDL 形式で保存されたすべてのファイルを検出し、それらを SLX 形式で再度保存します。

project = slproject.getCurrentProject();
allProjectFiles = project.Files;
for fileIndex = 1:numel(allProjectFiles)
    projectFile = allProjectFiles(fileIndex);
    [folder, name, ext] = fileparts(projectFile.Path);
    if strcmp(ext, '.mdl')
        % This is a MDL file. Load it and then save as an SLX file.
        mdlModel = fullfile(folder, [name, ext]);
        slxModel = fullfile(folder, [name '.slx']);
        load_system(mdlModel);
        % Save a new copy of this file in SLX format:
        save_system(name, slxModel);
        close_system(name,0);
    end
end

プロジェクト ファイルのステータス

プロジェクト内のすべてのファイルを表示するには、[プロジェクト ファイル] ノードをクリックします。モデル フォルダー内を調べて、欠落しているファイルがあることを確認します。これは、元の .mdl ファイルが .mdl.r20XXX バックアップ ファイル (r20XXX は、ファイルが最後に変更されたリリースの名前、たとえば .mdl.r2012b) という名前に変更され、新しく作成された .slx ファイルがまだプロジェクト内にはないからです。

プロジェクト チェックの実行

これを修復するには、[SIMULINK プロジェクト] タブの [プロジェクトをチェック] をクリックしてプロジェクト チェックを実行します。

[修正] をクリックして問題を解決します。

プロジェクト チェックが自動的に再実行され、問題が解決されていることが検証されます。

プロジェクトの [変更済みファイル] ノードをクリックして、新規に作成された SLX ファイルがプロジェクトに追加され、元の MDL ファイルが削除予定であることを確認します。

SLX ファイルがコミットされた後は、Simulink プロジェクト内の SLX ファイルの過去のリビジョンを表示すると、元の MDL ファイルのリビジョンも表示されます。

詳細情報

Simulink プロジェクト ドキュメンテーションSimulink プロジェクト ドキュメンテーション

この情報は役に立ちましたか?