ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

航空機の縦運動の飛行制御

この例では、航空機の縦運動の飛行制御をモデル化する方法を示します。この戦闘機およびアクチュエータの動作の 1 次線形近似は、操縦かんのピッチ コマンドを戦闘機のピッチ姿勢の設定点として使用し、戦闘機のピッチ角とピッチ速度を使用してコマンドを決定する、アナログ飛行制御設計と結びつけられています。簡略化された Dryden 突風モデルが、システムに摂動を与えるために組み込まれています。

このモデルでは、信号とスコープのマネージャーを使用して、信号を表示するモデル スコープ Scope1 を作成しました。[ブロック線図] メニュー、[信号と端子] にある信号とスコープのマネージャーを使用すると、ブロックを追加せずにモデルを測定できます。バッチ シミュレーションなどを行うためにモデル範囲を閉じた場合は、関心のある信号上で "スコープ" アイコンをダブルクリックすることにより、後でまた開くことができます。

モデルのパラメーターは slexAircraftData.m というファイルに保存されます。このファイルは、モデルによってモデル ワークスペースに読み込まれます。モデル エクスプローラーを使用することにより、モデルのワークスペースでデータを直接表示、編集できます。モデル エクスプローラーを起動するには、[表示]、[モデル エクスプローラーの表示] メニュー項目を使用するか、Simulink エディターでモデル エクスプローラーのツール バー ボタンをクリックします。

この情報は役に立ちましたか?