ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

このページの最新版は英語でご覧になれます。

クラス

カテゴリ別: | アルファベット順

coder.ExternalDependency 外部コードへのインターフェイス
coder.BuildConfig コード生成時のビルド コンテキスト
eventData ブロック メソッドの実行イベントに関する情報を提供
matlab.System System Object の基底クラス
matlab.system.StringSet 一連の有効な文字列値
matlab.system.display.Header System object プロパティのヘッダー
matlab.system.display.Section System object のプロパティ グループ セクション
matlab.system.display.SectionGroup System object のセクション グループ
matlab.system.mixin.CustomIcon カスタム アイコン mixin クラス
matlab.system.mixin.FiniteSource 有限ソース mixin クラス
matlab.system.mixin.Nondirect 非直接フィードスルー mixin クラス
matlab.system.mixin.Propagates 信号特性伝播 mixin クラス
Simulink.Mask マスクをプログラムで制御
Simulink.MaskParameter マスク パラメーターをプログラムで制御
Simulink.MDLInfo ブロック線図をメモリに読み込まずにモデル ファイル情報を抽出する
Simulink.SimulationOutput シミュレーション結果のオブジェクト値へのアクセス
Simulink.VariableUsage ワークスペース変数とそれを使用するブロックについての情報を取得
Simulink.Variant モデル参照のバリアントおよびその実行環境の指定
Simulink.VariantConfigurationData バリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトを表すクラス
Simulink.WorkspaceVar ワークスペース変数とそれを使用するブロックについての情報を格納
Simulink.AliasType 信号およびパラメーター データ型のエイリアスの作成
Simulink.Annotation モデルの注釈プロパティの指定
Simulink.BlockCompDworkData ブロックの Dwork ベクトルに関するコンパイル後の情報を提供する
Simulink.BlockCompInputPortData ブロックの入力端子に関するコンパイル後の情報を提供
Simulink.BlockCompOutputPortData ブロックの出力端子に関するコンパイル後の情報を提供
Simulink.BlockData ブロック パラメーターなど、ブロックに関連するデータの実行時の情報を提供する
Simulink.BlockPath 完全に指定された Simulink ブロック パス
Simulink.BlockPortData ブロックの入力端子または出力端子を記述
Simulink.BlockPreCompInputPortData ブロックの入力端子に関するコンパイル前の情報を提供
Simulink.BlockPreCompOutputPortData ブロックの出力端子に関するコンパイル前の情報を提供
Simulink.Bus 信号バスのプロパティを指定
Simulink.BusElement 信号バスの要素を記述
Simulink.ConfigSet モデルのコンフィギュレーション セットにアクセスする
Simulink.ConfigSetRef 他のモデルと独立して格納されたコンフィギュレーション セットにモデルをリンクする
Simulink.DualScaledParameter ブロック パラメーターの値、値の範囲、データ型、およびその他のプロパティを指定 Simulink の 2 つのスケール パラメーターの名前、値、単位、その他のプロパティの指定
Simulink.GlobalDataTransfer 同時実行データ転送の設定
Simulink.MDLInfo.getDescription ブロック線図をメモリに読み込まずにモデル ファイル情報を抽出する
Simulink.MDLInfo.getMetadata ブロック線図をメモリに読み込まずにモデル ファイル メタデータを抽出する
Simulink.ModelAdvisor MATLAB ファイルからモデル アドバイザーを実行
Simulink.ModelDataLogs モデルの信号データ ログのコンテナー
Simulink.ModelManagement.Project.CurrentProject (削除予定) 現在開いている Simulink プロジェクトをコマンド ラインから操作
Simulink.ModelWorkspace モデル ワークスペースを記述
Simulink.MSFcnRunTimeBlock Level-2 MATLAB S-Function ブロックに関する実行時の情報を取得する
Simulink.NumericType データ型の指定
Simulink.ParamCoderInfo パラメーターに対してコードを生成するために必要な情報を指定
Simulink.Parameter ブロック パラメーターの値、値の範囲、データ型、およびその他のプロパティを指定 Simulink の 2 つのスケール パラメーターの名前、値、単位、その他のプロパティの指定
Simulink.Preferences モデル アドバイザー設定
Simulink.RunTimeBlock シミュレーションの実行中における、Level-2 MATLAB S-Function やその他の MATLAB プログラムによるブロックに関する情報の取得
Simulink.SampleTime サンプル時間の情報を含むオブジェクト
Simulink.ScopeDataLogs Scope 信号ビューアーに表示されたデータのログを作成
Simulink.sdi.DiffRunResult 2 つのシミュレーション実行の比較結果
Simulink.sdi.DiffSignalResult 2 つの信号の比較結果
Simulink.sdi.Run シミュレーション実行の信号データおよびメタデータを管理
Simulink.sdi.Signal 信号の時系列データおよびメタデータを管理
Simulink.Signal 信号の属性を指定
Simulink.SignalCoderInfo 信号に対してコードを生成するために必要な情報を指定
Simulink.SimState.ModelSimState SimState スナップショット データへのアクセス
Simulink.SimulationData.BlockPath 完全に指定された Simulink ブロック パス
Simulink.SimulationData.Dataset MATLABtimeseries オブジェクトを使用するログ データのコンテナー
Simulink.SimulationData.DataStoreMemory データ ストア ログ情報のコンテナー
Simulink.SimulationData.LoggingInfo 信号ログ オーバーライド設定
Simulink.SimulationData.ModelLoggingInfo モデルの信号ログ オーバーライド設定
Simulink.SimulationData.Signal 信号のログ情報のコンテナー
Simulink.SimulationData.SignalLoggingInfo 信号の信号ログ オーバーライド設定
Simulink.SoftwareTarget.AperiodicTrigger 非周期的トリガーを記述
Simulink.SoftwareTarget.PeriodicTrigger 周期的トリガーを記述
Simulink.SoftwareTarget.PosixSignalHandler POSIX ターゲットの非周期的なトリガーを記述
Simulink.SoftwareTarget.Task 同時実行の単位をモデル化するタスクを記述
Simulink.SoftwareTarget.TaskConfiguration 同時実行用にモデルを構成
Simulink.SoftwareTarget.Trigger PeriodicTrigger と AperiodicTrigger の基本クラス
Simulink.SoftwareTarget.WindowsEventHandler Windows ターゲットの非周期的トリガーを記述
Simulink.SubsysDataLogs サブシステムの信号データ ログを格納
Simulink.TimeInfo Simulink.Timeseries オブジェクトの時間データについての情報を提供
Simulink.Timeseries mux およびバス信号以外の信号のデータの保存
Simulink.TsArray mux またはバグ信号のデータを保存
この情報は役に立ちましたか?