ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

peak2peak

最大値と最小値の差

構文

Y = peak2peak(X)
Y = peak2peak(X,DIM)

説明

Y = peak2peak(X) は、X における最大値と最小値の差を返します。既定の設定では、peak2peakX の最初の大きさが 1 でない次元に沿って動作します。たとえば、X が行ベクトルまたは列ベクトルの場合、Y は実数値スカラーです。Y が N>1 である N 行 M 列の行列の場合、YX の各列の最大値と最小値の差を含む 1 行 M 列の行ベクトルとなります。

Y = peak2peak(X,DIM) は、次元 DIM に沿って X の最大値と最小値の差を計算します。

入力引数

X

実数値または複素数値の入力ベクトルまたは行列。既定の設定では、peak2peakX の最初の大きさが 1 でない次元に沿って機能します。複素数値入力では、peak2peak は絶対値の最大値と最小値を識別します。peak2peak は、最大絶対値をもつ複素数から最小絶対値をもつ複素数を減算します。

DIM

最大値と最小値の差の次元。オプションの DIM 入力引数は、最大値と最小値の差を計算する次元を指定します。

既定値: 最初の大きさが 1 でない次元

出力引数

Y

最大値と最小値の差。ベクトルに対しては、Y は実数値スカラーです。行列に対しては、Y には指定された次元 DIM に沿って計算される最大値と最小値の差が含まれます。既定の設定では、DIM は最初の大きさが 1 でない次元です。

すべて展開する

正弦波のピーク間の差

1 kHz でサンプリングされた 100 Hz の正弦波の最大値と最小値の差を計算します。

t = 0:0.001:1-0.001;
X = cos(2*pi*100*t);
Y = peak2peak(X);

複素指数のピーク間の差

π/4 ラジアン/サンプルの周波数をもつ複素指数の最大値と最小値の差を計算します。

π/4 ラジアン/サンプルの周波数で複素指数を作成します。ピーク間の差を求めます。

n = 0:99;
x = exp(1j*pi/4*n);
maxmin = peak2peak(x);

2 次元行列のピーク間の差

各列が、1 kHz でサンプリングされた異なる振幅をもつ 100 Hz の正弦波である行列を作成します。振幅は列のインデックスと等しくなります。

各列の最大値と最小値の差を計算します。

t = 0:0.001:1-0.001;
x = cos(2*pi*100*t)';
X = repmat(x,1,4);
amp = 1:4;
amp = repmat(amp,1e3,1);
X = X.*amp;
Y = peak2peak(X);

指定次元に沿った 2 次元行列のピーク間の差

各行が、1 kHz でサンプリングされた異なる振幅をもつ 100 Hz の正弦波である行列を作成します。振幅は行のインデックスと等しくなります。

DIM 引数で次元を 2 に指定して、行の最大値と最小値の差を計算します。

t = 0:0.001:1-0.001;
x = cos(2*pi*100*t);
X = repmat(x,4,1);
amp = (1:4)';
amp = repmat(amp,1,1e3);
X = X.*amp;
Y = peak2peak(X,2);

参考文献

[1] IEEE® Standard on Transitions, Pulses, and Related Waveforms, IEEE Standard 181, 2003.

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?