ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gmonopuls

ガウス モノパルス

構文

y = gmonopuls(t,fc)
tc = gmonopuls('cutoff',fc)

説明

y = gmonopuls(t,fc) では、配列 t に設定された時点で中心周波数 fc (ヘルツ単位) をもつ単位振幅のガウス モノパルスのサンプルが返されます。既定の設定では、fc = 1000 Hz です。

tc = gmonopuls('cutoff',fc) では、パルスの最大振幅と最小振幅の間の時間が返されます。

例 1

100 GHz でサンプリングされた、2 GHz のガウス モノパルスをプロットします。

fc = 2E9; fs=100E9;
tc = gmonopuls('cutoff',fc);
t  = -2*tc : 1/fs : 2*tc;
y = gmonopuls(t,fc); plot(t,y)

例 2

7.5ns の間隔を使用して、例 1 のモノパルスからパルス列を作成します。

fc = 2E9;  fs=100E9;             % Center freq, sample freq
D = [2.5 10 17.5]' * 1e-9;       % Pulse delay times
tc = gmonopuls('cutoff',fc);     % Width of each pulse
t  = 0 : 1/fs : 150*tc;          % Signal evaluation time
yp = pulstran(t,D,@gmonopuls,fc);
plot(t,yp)

詳細

すべて展開する

ヒント

後続の入力引数が空行列か省略された場合は、既定値が代用されます。

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?