ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで更新されています。このリリースの英語のドキュメンテーションを参照するには、言語設定を United States に変更してください。

gaussfir

ガウス FIR パルス整形フィルター

構文

h = gaussfir(bt)
h = gaussfir(bt,n)
h = gaussfir(bt,n,o)

説明

    メモ:   gaussfir の使用は推奨されていません。代わりに gaussdesign を使用してください。

このフィルターは、主にガウス最小シフト キーイング (GMSK) 通信アプリケーションで使用されます。

h = gaussfir(bt) では、ローパス FIR ガウス パルス整形フィルターが設計され、フィルター係数がベクトル h に返されます。bt は、3 dB 帯域幅とシンボル時間の積です。ここで、b はヘルツ単位の片側帯域で、t は秒単位です。bt の積が小さいほど、パルス幅は大きくなります。シンボル周期数 (n) の既定の設定は 3 であり、オーバーサンプリング係数 (o) の既定の設定は 2 です。

フィルターのインパルス応答の長さは 2*o*n+1 によって与えられます。係数 h は、通過帯域のノミナル ゲインが常に 1 になるように正規化されます。

h = gaussfir(bt,n) では、フィルターのインパルス応答の開始点とピーク間のシンボル周期数 n が使用されます。

h = gaussfir(bt,n,o) では、シンボルあたりのサンプル数であるオーバーサンプリング係数 o が使用されます。

GSM (Global System for Mobile Communications ) 方式の GMSK で使用されるガウス フィルターが設計されます。

bt = .3;          % 3-dB bandwidth-symbol time
o = 8;            % Oversampling factor
n = 2;            % 2 symbol periods to the filters peak
h = gaussfir(bt,n,o); 
hfvt = fvtool(h,'impulse');

参照

[1] Rappaport T.S., Wireless Communications Principles and Practice, 2nd Edition, Prentice Hall, 2001.

[2] Krishnapura N., Pavan S., Mathiazhagan C., Ramamurthi B., “A Baseband Pulse Shaping Filter for Gaussian Minimum Shift Keying,” Proceedings of the 1998 IEEE® International Symposium on Circuits and Systems, 1998.

参考

この情報は役に立ちましたか?