ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

downsample

整数ファクターによるサンプルレートの低減

構文

y = downsample(x,n)
y = downsample(x,n,phase)

説明

y = downsample(x,n) では、最初のサンプルから n 個ごとのサンプルを残すことで x のサンプルレートを低減させます。x にはベクトルまたは行列を使用できます。x が行列の場合、各列は個別のデータ列と見なされます。

y = downsample(x,n,phase) では、ダウンサンプルしたデータ列をオフセットするサンプル数が指定されます。phase は、0 ~ n-1 の範囲の整数でなければなりません。

データ列のサンプルレートをファクター 3 で減少させます。

x = [1 2 3 4 5 6 7 8 9 10];
y = downsample(x,3)
% y =  1    4    7    10

データ列のサンプルレートをファクター 3 で減少させ、位相オフセット 2 を適用します。

y = downsample(x,3,2)
% y = 3    6    9

行列のサンプルレートをファクター 3 で減少させます。

x = [1 2 3; 4 5 6; 7 8 9; 10 11 12];
y = downsample(x,3);

参考

| | | | | |

この情報は役に立ちましたか?