ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dfilt.cascade

離散時間フィルターのカスケード

構文

Hd = dfilt.cascade(Hd1,Hd2,...)

説明

Hd = dfilt.cascade(Hd1,Hd2,...) は、複数の dfilt フィルター (Hd1Hd2 など) を直列に相互接続した cascade タイプの離散時間フィルター Hd を返します。カスケード内の各フィルターはそれぞれが独立したステージです。

既存のカスケード Hd の後にフィルター Hd1 を追加するには、以下のようにします。

addstage(Hd,Hd1)

さらに、カスケード内のフィルターの順序を変更するには、以下のようにステージ インデックスを使用して並べ替えを指定します。

Hd.stage = Hd.stage([1,3,2]);

また、次のようにピリオド以外を使用する表記方法でカスケードを呼び出すこともできます。

cascade(Hd1,Hd2,...)

ローパス フィルターとハイパス フィルターをカスケード接続して、バンドパス フィルターを作成します。

[b1,a1]=butter(8,0.6);          % Lowpass
[b2,a2]=butter(8,0.4,'high');   % Highpass
H1=dfilt.df2t(b1,a1);
H2=dfilt.df2t(b2,a2);
Hcas=dfilt.cascade(H1,H2)       % Bandpass-passband .4-.6

最初のステージの詳細を表示するには、以下を使用します。

info(Hcas.Stage(1))             

ステージの状態を表示するには、以下を使用します。

Hcas.stage(1).states

個々のステージの状態のみを表示できます。

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?