ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

chirp

スイープ周波数の余弦信号

構文

y = chirp(t,f0,t1,f1)
y = chirp(t,f0,t1,f1,'method')
y = chirp(t,f0,t1,f1,'method',phi)
y = chirp(t,f0,t1,f1,'quadratic',phi,'shape')

説明

y = chirp(t,f0,t1,f1) では、配列 t で定義された時間におけるスイープ周波数の線形余弦信号が生成されます。ここで、f0 は時間 0 での瞬間周波数、f1 は時間 t1 での瞬間周波数です。f0f1 はともにヘルツ単位です。指定しない場合、f0 は、対数 chirp に対しては  e-6 で、それ以外の場合は 0 です。t1 は  1f1 は  100 となります。

y = chirp(t,f0,t1,f1,'method') では、代替のスイープ手法オプションを指定します。ここで、method は以下のいずれかとなります。

  • linear: 以下の式によって与えられる瞬間周波数スイープ fi(t) を指定します。

    ここで、

    また、f0 の既定値は 0 です。β により、時間 t1 における望ましい周波数ブレークポイント f1 の維持が確保されます。

  • quadratic: 以下の式によって与えられる瞬間周波数スイープ fi(t) が指定されます。

    ここで、

    また、f0 の既定値は 0 です。f0 > f1 (ダウンスイープ) の場合、既定の形状は凸になりますf< f1 (アップスイープ) の場合、既定の形状は凹になります。

  • logarithmic: 以下の式によって与えられる瞬間周波数スイープ fi(t) を指定します。

    ここで、

    また、f0 の既定値は 1e-6 です。周波数のアップスイープ (f> f0) とダウンスイープ f0 > f1) の両方が可能です。

上記の各手法は、それぞれ 'li''q'、および 'lo' として入力できます。

y = chirp(t,f0,t1,f1,'method',phi) では、初期位相 phi が度単位で設定できるようになります。指定しなかった場合、phi は  0 です。後続の入力引数が空行列か省略された場合は、既定値が代用されます。

y = chirp(t,f0,t1,f1,'quadratic',phi,'shape') では、2 次スイープ周波数信号のスペクトログラムの shape が指定されます。shapeconcave または convex で、正の周波数軸での放物線の形状を記述します。shape を省略した場合は既定の設定が使用され、ダウンスイープ (f0 > f1) の場合は凸、アップスイープ (f< f1) の場合は凹になります。

例 1

瞬間周波数が線形に変化するチャープのスペクトログラムを計算します。

t = 0:0.001:2;            % 2 secs @ 1kHz sample rate
y = chirp(t,0,1,150);     % Start @ DC, 
                          %   cross 150Hz at t=1 sec
spectrogram(y,256,250,256,1E3,'yaxis') 

例 2

瞬間周波数が時間の二乗と共に変化するチャープのスペクトログラムを計算します。

% ±2 secs @ 1kHz sample rate
t = -2:0.001:2;    

% Start @ 100Hz, cross 200Hz at t=1 sec 
y = chirp(t,100,1,200,'quadratic'); 

spectrogram(y,128,120,128,1E3,'yaxis')  

例 3

凸の二次チャープのスペクトログラムを計算します。

t = -1:0.001:1;         % +/-1 second @ 1kHz sample rate
fo = 100; f1 = 400;     % Start at 100Hz, go up to 400Hz
y = chirp(t,fo,1,f1,'q',[],'convex');
spectrogram(y,256,200,256,1000,'yaxis')

例 4

凹の二次チャープのスペクトグラムを計算します。

t = 0:0.001:1;       % 1 second @ 1kHz sample rate
fo = 100; f1 = 25;   % Start at 100Hz, go down to 25Hz
y = chirp(t,fo,1,f1,'q',[],'concave');
spectrogram(y,hanning(256),128,256,1000,'yaxis')

例 5

対数チャープのスペクトログラムを計算します。

t = 0:0.001:10;      % 10 seconds @ 1kHz sample rate
fo = 10; f1 = 400;   % Start at 10Hz, go up to 400Hz
y = chirp(t,fo,10,f1,'logarithmic');
spectrogram(y,256,200,256,1000,'yaxis')

参考

| | | | | | | | |

この情報は役に立ちましたか?