ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

blackman

ブラックマン ウィンドウ

構文

w = blackman(N)
w = blackman(N,SFLAG)

説明

w = blackman(N) では、列ベクトル wN 点の対称ブラックマン ウィンドウが返されます。ここで N は正の整数です。

w = blackman(N,SFLAG) では、'sflag' で指定したウィンドウ サンプリングを使用して、N 点のブラックマン ウィンドウが返されます。ここで、ウィンドウ サンプリングは 'periodic' または 'symmetric' (既定の設定) のいずれかです。'periodic' フラグは、スペクトル解析などの、DFT/FFT で役立ちます。DFT/FFT は暗黙的な周期的拡張を含み、periodic フラグを使用することで、周期的ウィンドウが適用された信号が完全な周期的拡張をもつようになります。'periodic' が指定された場合、blackman では長さ N+1 のウィンドウが計算され、最初の N 個が返されます。フィルター設計でウィンドウを使用する場合は、'symmetric' フラグを使用します。

対称ウィンドウと周期的ウィンドウの違いは、「定義」を参照してください。

    メモ:   1 点のウィンドウ (N=1) を指定した場合は、値  1 が返されます。

64 点ブラックマン ウィンドウを作成し、WVTool を使用して結果を表示します。

L=64;
wvtool(blackman(L))

定義

次の方程式は、長さ N のブラックマン ウィンドウを定義するものです。

ここで M は、N が偶数の場合は N/2、N が奇数の場合は (N+1)/2 になります。

対称である場合、ブラックマン ウィンドウの後半 M ≤ n ≤ N-1 は、前半を中間点で反転させることで取得されます。FIR フィルター設計でブラックマン ウィンドウを使用する場合は、対称オプションの使用をお勧めします。

周期性をもつブラックマン ウィンドウを作成するには、希望するウィンドウの長さを 1 サンプル分延長して N+1 にし、対称ウィンドウを構築して、最後のサンプルを削除します。離散フーリエ変換では入力ベクトルの周期的拡張が前提となるため、ブラックマン ウィンドウをスペクトル解析に使用する際は周期性をもたせることをお勧めします。

参考文献

[1] Oppenheim, A.V., and R.W. Schafer. Discrete-Time Signal Processing. Upper Saddle River, NJ: Prentice-Hall, 1999, pp. 468-471.

参考

| | | | |

この情報は役に立ちましたか?