ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

bartlett

バートレット ウィンドウ

構文

w = bartlett(L)

説明

w = bartlett(L) は、列ベクトル wL 点のバートレット ウィンドウが返されます。ここで L は正の整数でなければなりません。バートレット ウィンドウの係数は、

のように計算されます。

ウィンドウの長さは、 です。

バートレット ウィンドウは、関数 triang から返される三角ウィンドウとよく似ています。ただし、バートレット ウィンドウは常に最初のサンプル点と n 番目のサンプル点でゼロになりますが、三角ウィンドウはこれらの点でゼロになりません。L が奇数の場合、 bartlett(L) の中心部の L-2 個の点は、triang(L-2) と等しくなります。

    メモ:   1 点のウィンドウ (L=1) を指定した場合は、値  1 が返されます。

64 点のバートレット ウィンドウを作成し、WVTool を使用して結果を表示します。

L=64;
wvtool(bartlett(L))

参考文献

[1] Oppenheim, A.V., and R.W. Schafer. Discrete-Time Signal Processing. Upper Saddle River, NJ: Prentice-Hall, 1999, pp. 468-471.

参考

| | | | | | | | |

この情報は役に立ちましたか?