ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Signal Processing Toolbox 製品の説明

信号処理、解析、アルゴリズム開発の実行

Signal Processing Toolbox™ は、アナログ信号処理と DSP (デジタル信号処理) を行う業界標準のアルゴリズムとアプリを提供します。このツールボックスを使用することにより、時間および周波数領域における信号の可視化、スペクトル解析用 FFT の計算、FIR および IIR フィルターの設計、さらに、たたみ込み、変調、リサンプリング、その他の信号処理技術の実装が可能です。ツールボックスのアルゴリズムは、オーディオと音声の処理、計測、基底域無線通信に用いるカスタム アルゴリズム開発の基礎として使用できます。

主な機能

  • 信号と線形システム モデル

  • 高速フーリエ変換 (FFT)、離散フーリエ変換 (DFT)、短時間フーリエ変換 (STFT) などの信号変換

  • 正弦波、方形波、ノコギリ波、ガウス パルスなどの波形やパルスを生成する関数

  • 2 値波形向けの遷移指標、パルス指標および状態レベル推定関数

  • 統計的信号測定とデータ ウィンドウ関数

  • ピリオドグラム、ウェルチ、ユール・ウォーカーなどのパワー スペクトル密度推定アルゴリズム

  • デジタル FIR フィルターとデジタル IIR フィルターの設計、解析、および実装の方法

  • バタワース、チェビシェフ、ベッセルなどのアナログ フィルター設計法

  • 線形予測とパラメトリックな時系列のモデル化

この情報は役に立ちましたか?