ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

帯域幅を制限したオペアンプ

この例では、Foundation ライブラリ ブロックを使用して忠実度の高い詳細なコンポーネント モデルを作成する方法を説明します。このモデルは帯域幅を制限したオペアンプを実装します。入力から出力へ 1 次ダイナミクスを導入し、通常複数のトランジスタを含むデバイスレベルの等価回路を使用した場合より、はるかに高速なシミュレーションを実現します。このモデルは入力および出力インピーダンスの効果 (回路内の R_in と R_out) も含んでいますが、スルーレート制限などの非線形効果は含んでいません。

オペアンプはこの回路内の開ループに (つまり差動アンプの形で) 接続されます。これは 1 次ダイナミクスの効果を示すためです。フィードバックが含まれていると、回路の入力-出力応答に対するダイナミクスの影響が減少します。

この情報は役に立ちましたか?