ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

非同期 PWM 電圧源

この例では、Simscape™ Foundation ライブラリの Asynchronous Sample & Hold ブロックを使用して、より複雑な動作のコンポーネントを作成する方法を示します。このモデルでは、制御可能な PWM 電圧源が実装されます。PWM がオンの時間 (デューティ比) は物理量信号入力 u に比例します。実装を表示するには、PWM Voltage Source ブロックを選択し、Ctrl + U キーを押してマスク内を表示します。

代替方法である離散時間実装は、「離散時間 PWM 電圧源」の例 (ssc_pwm_discrete) を参照してください。離散時間方式は固定ステップ ソルバーとハードウェアインザループ アプリケーションに適しています。一方、非同期実装は可変ステップ ソルバーを使用する高速デスクトップ シミュレーションに適しています。

この情報は役に立ちましたか?