ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

出力構造体

出力構造体にはソルバーの結果に関する情報が含まれ、すべてのソルバーは出力構造体を出力することができます。出力構造体を取得するには呼び出し構文で出力構造体を使ってソルバーを呼び出します。たとえば、lsqnonlin から出力構造体を得るには以下の構文を使用します。

[x,resnorm,residual,exitflag,output] = lsqnonlin(...)

最適化アプリケーションで問題を実行することによって出力構造体を取得することもできます。最適化アプリケーションからエクスポートされたすべての結果には出力構造体が含まれます。

出力構造体のコンテンツは、各ソルバーのリファレンス ページにリストされています。たとえば、lsqnonlin から出力される出力構造体は、firstorderoptiterationsfuncCountcgiterationsstepsizealgorithmmessage を含みます。たとえば、メッセージにアクセスする場合は output.message と入力します。

最適化アプリケーションは構造体中の結果をエクスポートします。結果の構造体は出力構造体です。たとえば、反復数にアクセスする場合は、構文 optimresults.output.iterations を使用します。

MATLAB® [ワークスペース] ペインで出力構造体をダブルクリックすると、出力構造体のコンテンツを見ることができます。

この情報は役に立ちましたか?