ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

optimget

構文

val = optimget(options,'param')
val = optimget(options,'param',default)

説明

val = optimget(options,'param') は、最適化 options 構造体 options で指定されたオプションの値を返します。固有なオプション名を設定する場合は、頭文字だけでも構いません。オプション名に関しては大文字小文字の区別がありません。

val = optimget(options,'param',default) は、最適化 options 構造体 options で指定したオプションが定義されていない場合、default を返します。この形式の関数は、主に他の最適化関数で使用するので注意してください。

次のステートメントは、構造体 my_optionsDisplay オプションの値を返します。

val = optimget(my_options,'Display')

次のステートメントは、(前の例と同様に) 構造体 my_optionsDisplay オプションの値を返します。ただし、Display オプションを定義していない場合は値 'final' を返します。

optnew = optimget(my_options,'Display','final');

参考

この情報は役に立ちましたか?