ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

関数の引数

入力引数

引数

説明

使用する関数

A, b

行列 A とベクトル b はそれぞれ線形不等式制約の係数で右辺側はベクトルです。 A*x ≤ b.

bintprog, fgoalattain, fmincon, fminimax, fseminf, linprog, lsqlin, quadprog

Aeq, beq

行列 Aeq とベクトル beq はそれぞれ線形不等式制約の係数で右辺側はベクトルです。 Aeq*x = beq.

bintprog, fgoalattain, fmincon, fminimax, fseminf, linprog, lsqlin, quadprog

C, d

行列 C はそれぞれ過決定または劣決定の線形システムの係数であり、ベクトル d は右辺の解かれるベクトルです。

lsqlin, lsqnonneg

f

線形方程式 f'*x の線形項または二次方程式 x'*H*x+f'*x の線形項に対する係数ベクトルです。

bintprog, linprog, quadprog

fun

最小化される関数です。fun はファイルへの関数ハンドルまたは無名関数です。fun に関する詳細は、個々のリファレンス ページを参照してください。

fgoalattain, fminbnd, fmincon, fminimax, fminsearch, fminunc, fseminf, fsolve, fzero, lsqcurvefit, lsqnonlin

goal

目的関数が到達しようとする値のベクトルです。このベクトルは目的関数の数と同じ長さのベクトルです。

fgoalattain

H

二次方程式 x'*H*x+f'*x の二次の項に関する係数行列です。H は対称行列です。

quadprog

lb, ub

下限、上限ベクトル (または、行列)。通常、引数は x と同じサイズです。しかし、lbx, よりも要素が少ない場合、たとえば m 個のみの場合、x 内の最初の m 個の要素のみが下限が適用されます。ub の上限についても同様に定義できます。変数に範囲を指定しない場合は (下限の場合) -Inf を、(上限の場合) Inf を設定します。たとえば、lb(i) = -Inf の場合、変数 x(i) は下限の制限をもっていません。

fgoalattain, fmincon, fminimax, fseminf, linprog, lsqcurvefit, lsqlin, lsqnonlin, quadprog

nonlcon

非線形不等式制約と等式制約を計算する関数です。追加パラメーターの受け渡し は必要に応じて関数 nonlcon をパラメタライズする方法を説明します。

nonlcon に関する詳細は、個々のリファレンス ページを参照してください。

fgoalattain, fmincon, fminimax

ntheta

半無限制約の数。

fseminf

options

最適化関数で使用されるオプションを定義する構造体。オプションの情報は 最適化オプション リファレンス または個々の関数リファレンス ページを参照してください。

すべての関数

seminfcon

非線形不等式制約、等式制約、半無限制約を計算する関数です。seminfcon は関数ファイルまたは MEX ファイルの名前です。追加パラメーターの受け渡し は必要に応じて seminfcon をパラメタライズする方法を説明します。

seminfcon に関する詳細は fseminf の関数リファレンス ページを参照してください。

fseminf

weight

目的関数の相対的な劣到達または過到達を制御する重み付きベクトル。

fgoalattain

xdata, ydata

方程式を近似するために使用する入力データ xdata と観測出力データ ydata です。

lsqcurvefit

x0

開始値 (スカラー、ベクトル、行列のいずれか) です。

(fzero に対して x0 はゼロを含む既知の区間を表す 2 要素ベクトルになります)。

fminbnd を除くすべての関数

x1, x2

関数が最小化される区間。

fminbnd

出力引数

引数説明使用する関数
attainfactor

x での到達因子です。

fgoalattain

exitflag

最適化アルゴリズムが停止した理由を示す整数。各関数に特定的な exitflag の説明は、関数のリファレンス ページと「終了フラグと終了メッセージ」を参照してください。

最適化関数を出力引数 output とともに呼び出し、その後 output.message を表示することにより、最適化が終了した理由を示すメッセージを出力することもできます。

すべての関数

fval

x での目的関数 fun の値です。

bintprog, fgoalattain, fminbnd, fmincon, fminimax, fminsearch, fminunc, fseminf, fsolve, fzero, linprog, quadprog

grad

x での fun の勾配値です。fun が勾配を計算しない場合、grad は勾配の有限差分近似になります。

fmincon, fminunc

hessian

x での fun のヘッセ行列の値です。大規模なアルゴリズムでは fun がヘッセ行列を計算しない場合、hessian はヘッセ行列の有限差分近似になります。中規模法では hessian は解 x におけるヘッセ行列の準ニュートン近似の値になります。「ヘッセ行列」を参照してください。

fmincon, fminunc

jacobian

x での fun のヤコビ行列値です。fun がヤコビ行列を計算しない場合、jacobian はヤコビ行列の有限差分になります。

lsqcurvefit, lsqnonlin, fsolve

lambda

x でのラグランジュ乗数です。「ラグランジュ乗数構造体」を参照してください。lambda は各フィールドが異なる制約タイプに対応する構造体です。構造体のフィールド名については、個々の関数記述を参照してください。(lsqnonneg に対して、lambdalsqnonneg が一種類の制約のみを取り扱うように単純な 1 つのベクトルです)。

fgoalattain, fmincon, fminimax, fseminf, linprog, lsqcurvefit, lsqlin, lsqnonlin, lsqnonneg, quadprog

maxfval

x での max{fun(x)} です。

fminimax

output

最適化の結果に関する情報を含む出力構造体です。「出力構造体」を参照してください。構造体のフィールド名については、個々の関数記述を参照してください。

すべての関数

residual

x での残差体です。

lsqcurvefit, lsqlin, lsqnonlin, lsqnonneg

resnorm

x での残差の二乗した 2 ノルムの値です。

lsqcurvefit, lsqlin, lsqnonlin, lsqnonneg

x

最適化関数で検出される解。exitflag > 0 の場合、x は解です。それ以外では x は最適化が早く終了したとき、その時点での最適化ルーチンの値です。

すべての関数

この情報は役に立ちましたか?