ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Alphamap の選択

Alphamap とは

Alphamap は 0 から 1 の範囲に入る値の配列です。そのサイズは m 行 1 列または 1 行 m 列です。

既定の alphamap は次の図からわかるように、0 から 1 までで線形に変化する 64 の値を含んでいます。

plot(get(gcf,'Alphamap'))

この alphamap は、最小の alpha データ値を完全に透明なもの、最大の alpha データ値を完全に不透明なものとします。

完全な alphamap はいくつかの使用可能で事前定義された alphamap を作成し、既に存在するマップを変更することができます。たとえば、次の例を考えてみましょう。

plot(alphamap('vup'))

は次の alphamap を作成します。

increase または decrease オプションを使用して、値をシフトすることができます。たとえば、次の例を考えてみましょう。

alphamap('increase',.4)

は、現在の Figure の alphamap 内のすべてに値に .4 を付加します。'vup' を再プロットし、alphamap の変更を示します。これらの値は [0 1] の範囲に固定されています。

plot(get(gcf,'Alphamap'))

例 - Alphamap の変更

次の例は スライス平面 を使用して、ボリューム データを調べるものです。スライス平面は alpha データ用にカラー データを使用して、1 から 0 の値の範囲で減っていく alphamap を採用しています。

  1. 3 変数関数を計算して、ボリューム データを作成します。

    [x,y,z] = meshgrid(-1.25:.1:-.25,-2:.2:2,-2:.1:2);
    v = x.*exp(-x.^2-y.^2-z.^2);
    
  2. スライス平面を作成し、alpha データをカラー データに等しい値に設定して、内挿した FaceAlpha を指定します。

    h = slice(x,y,z,v,[-1 -.75 -.5],[],[0]);
    alpha('color')
    set(h,'EdgeColor','none','FaceColor','interp',...
    	'FaceAlpha','interp')
    
  3. 徐々に減少する alphamap をインストールし、透明度を希望する度数に達するまで、0.1 刻みで alphamap 内の各値を増加させます。カラーマップ hsv を指定します。

    alphamap('rampdown')
    alphamap('increase',.1)
    colormap(hsv)
    

この alphamap は、関数の最小値に最小の透明度を、最大値に最大の透明度を使用して表示するものです。これはスライス平面の中を見ることができ、一方、同時にゼロの近傍のデータも保存することになります。

この情報は役に立ちましたか?