ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

オブジェクトを透明にする

透明度について

グラフィックス オブジェクトを半透明にすることは、3 次元可視化におけるオブジェクトの確認に便利な手法です。ただし、同時にオブジェクトが完全に不透明な場合は、オブジェクトによって曖昧になる情報を確認してください。データを表示するため、MATLAB® の色を使用する方法として他の次元の透明性を使用することができます。

グラフィックス オブジェクトの透明度は、オブジェクトを通して見ることができる度合いを決めます。完全に透明な状態から完全に不透明な状態に透明度を連続的に変化するように設定することができます。

透明性をサポートしているオブジェクトは以下になります。

  • Image

  • Patch

  • Surface

以下の図は、透明度の影響を示すものです。緑色の等値面 (Patch オブジェクト) が内部に設定しているコーン プロットを表します。

    メモ:   透明度を使用するには、システムで OpenGL® を使用できる状態でなければなりません。この状態であれば、MATLAB は自動的に OpenGL を使用します。使用できない場合は、透明度は表示できません。詳細は Figure プロパティの RendererMode を参照してください。

透明度の指定

[0 1] の範囲の透明度の値は alpha 値と呼ばれます。値 0 は完全に透明で、値 1 は完全に不透明です。

MATLAB は代表的なオブジェクトの色を取り扱う方法と同様な方法で透明度を取り扱います。

  • パッチと表面は単一面とエッジ alpha を定義でき、Figure の alphamap 内の値をベースに Flat または Interpolated な透明度を使用します。

  • イメージ、パッチ、表面は alpha データを定義でき、alphamap 内にインデックスとして使用するか、または直接 alpha 値として使用します。

  • Axes は alpha の範囲を設定し、オブジェクトデータの alpha 値へのマッピングをコントロールします。

  • Figure は alpha 値の m 行 1 列の配列である alphamap を含んでいます。

色に関する詳細は、次の節を参照してください。

透明度プロパティ

次の表は、透明度をコントロールするオブジェクト プロパティをまとめています。

プロパティ目的

AlphaData

イメージと、表面オブジェクトに対する透明度

AlphaDataMapping

透明度をもつデータ マッピング方法

FaceAlpha

面 (パッチと表面のみ) の透明度

EdgeAlpha

エッジ (パッチと表面のみ) の透明性

FaceVertexAlphaData

alpha データ プロパティのみのパッチ

ALim

Alpha 軸の範囲

ALimMode

Alpha 軸の範囲モード

Alphamap

Figure の alphamap

透明度の関数

alpha プロパティを設定するプロセスを簡単にする 3 つの関数がります。

関数目的

alpha

現在の Axes 内のオブジェクトに対する透明度プロパティを設定または参照します。

alphamap

Figure の alphamap を指定します。

alim

Axes の Alpha 範囲を設定または参照します。

例 - 透明な等値面

グラフィックスオブジェクトに単一の透明度を設定することは、不透明なオブジェクトの不明瞭な構造を見る場合に有効なものです。Patch や Surface に対して、FaceAlphaEdgeAlpha プロパティを使用して、面やエッジの透明度を設定します。次の例はこれを説明します。

次の例は、関数 flow を使用して無限大のタンク内での噴出速度プロファイルを表します。このデータを可視化する 1 つの方法は、指定した流量比と同じ値を示す isosurface を作成することです。

[x y z v] = flow;
p = patch(isosurface(x,y,z,v,-3));
isonormals(x,y,z,v,p);
set(p,'facecolor','red','edgecolor','none');
daspect([1 1 1]);
view(3); axis tight; grid on;
camlight; lighting gouraud;

等値面に透明度を追加することは、不透明な表面を使用して可視化する以上に、流体の場合は複雑であることがわかります。ステートメント

alpha(.5)

は、等値面を作成するために FaceAlpha 値に .5 を設定しています。

イメージに対して単一透明度を設定する

イメージに対してステートメント

alpha(.5)

は、AlphaData を .5 に設定します。AlphaDataMapping プロパティを既定の none に設定すると、イメージ上の AlphaData の設定はすべてのイメージに指定した alpha 値でレンダリングされます。

この情報は役に立ちましたか?