ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構文

C = xor(A, B)

説明

C = xor(A, B) は、配列 AB の対応する要素に対して排他的論理和を計算します。結果の要素 C(i,j,...) は、A(i,j,...) または B(i,j,...) が共に異なり、ゼロでない場合、論理真 (1) になります。

A

B

C

0

0

0

0

非ゼロ

1

非ゼロ

0

1

非ゼロ

非ゼロ

0

A = [0 0 pi eps]B = [0 -2.4 0 1] を与えて、次の計算を行います。

C = xor(A,B)
C =
   0   1   1   0

A または B のどちらかが非ゼロで、互いの行列が異なるかどうかを調べるには、次のようにします。

spy(xor(A,B))

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?