ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

wavplay

録音された音声を PC ベースのオーディオ出力デバイスで再生

    メモ:   wavplay は将来のリリースで削除されます。代わりに audioplayer を使用してください。

構文

wavplay(y,Fs)
wavplay(y,Fs,mode)

説明

wavplay(y,Fs) は、PC ベースのオーディオ出力デバイスを使って、ベクトル y に格納されているオーディオ信号を再生します。Fs は、Hz 単位の整数サンプル レートです (1 秒あたりのサンプル数)。Fs の既定値は 11025 Hzです。関数 wavplay は、1 または 2 チャンネル (モノまたはステレオ) のオーディオ信号をサポートしています。ステレオで再生するには、y は 2 列の行列でなければなりません。

wavplay(y,Fs,mode) は、wavplay がコマンド ラインとやり取りする方法を指定します。文字列 mode は、以下のいずれかです。

  • 'sync' (既定) :音声が再生し終わるまで、コマンド ラインにアクセスできません (すなわち、ブロッキング デバイス コール)。

  • 'async': 音声がオーディオ出力デバイスで再生され始めると、コマンド ラインにアクセスできます (すなわち、ノンブロッキング デバイス コール)。音声の再生中に async モードで wavplay が再度呼び出されると、元の再生が完了するまで wavplay はコマンド ラインへのアクセスを防止します。

オーディオ信号 y は、次の 4 つのデータ型の 1 つです。データ型に依存して、量子化に使用されるビット数と各サンプルの再生が決まります。

wavplay のデータ型

データ型

量子化

倍精度 (既定値)

16 ビット/サンプル

単精度:

16 ビット/サンプル

16 ビット符号付き整数

16 ビット/サンプル

8 ビット符号なし整数

8 ビット/サンプル

MAT ファイル gong.matchirp.mat は、共に、オーディオ信号 y とサンプリング周波数 Fs を含んでいます。ゴングとチャープのオーディオ信号を読み込み、再生しますload コマンド間で、これらの信号名を変更し、関数 wavplay'sync' オプションを使って、それらを連続的に再生します。

load chirp;
y1 = y; Fs1 = Fs;
load gong;
wavplay(y1,Fs1,'sync') % The chirp signal finishes before the 
wavplay(y,Fs)          % gong signal begins playing.

詳細

すべて展開する

ヒント

関数 wavplay は、32 ビットの Microsoft® Windows® オペレーティング システムでのみ使用できます。その他のプラットフォームでオーディオ データを再生するには、audioplayer を使用します。

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?