ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

visdiff

2 つのテキスト ファイル、MAT ファイル、バイナリ ファイル、Zip ファイル、またはフォルダーを比較する

構文

visdiff('fname1', 'fname2')
visdiff('filename1', 'filename2', 'type')

説明

visdiff('fname1', 'fname2') は、圧縮ツールを開き、2 つのファイルまたはフォルダーの相違点を示します。MATLAB® パス上に 2 つのファイルまたはフォルダーが表示されているか、各ファイルまたはフォルダーの絶対パスが表示されていることを確認します。ファイルどうしを比較できるだけでなく、フォルダー、Zip ファイル、または Simulink® マニフェストを自由に組み合わせて比較することもできます。

Simulink Report Generator™ ソフトウェアがインストールされている場合は、Simulink モデルを 2 つ選択して、そこから生成される XML テキスト ファイルを比較することができます。

visdiff('filename1', 'filename2', 'type') は、比較ツールを開き、指定された比較タイプにより 2 つのファイルの相違点を示します。type は、'text' または 'binary' のどちらでもかまいません。type を指定しない場合、visdiff は選択したファイル用に既定の比較タイプを作成します。type オプションはフォルダーを比較する場合には適用されません。

選択したファイルで複数の比較タイプが使用できる場合 (例 テキスト、バイナリ、ファイル リストまたは XML 比較など)、新しい比較を作成して、別の比較タイプを選択することができます。

  1. 比較ツールで [新規比較] ボタンをクリックします。

    [比較するファイルまたはフォルダーの選択] ダイアログ ボックスが表示され、以前の比較選択がドロップダウン リストに表示されます。

  2. 比較タイプを変更し、[比較] をクリックします。

比較するファイルまたはフォルダーの指定

visdiff 関数は、完全修飾ファイル名、関連ファイル名、または MATLAB パス上のファイル名を受け入れます。

比較対象のファイルが MATLAB パスまたは現在のフォルダー内に表示される場合は、次のような絶対パスを使用せずにファイル名を指定できます。

visdiff('lengthofline.m','lengthofline2.m')

または

visdiff('lengthofline','lengthofline2')

比較対象のファイルがパス上にない場合は、各ファイルへの絶対パスを指定するか、フォルダーをパスに追加します。

たとえば、2 つのサンプル ファイルを比較するために完全修飾ファイル名を指定するには、次の手順を実行します。

visdiff(fullfile(matlabroot,'toolbox','matlab','demos','gatlin.mat'), ...
fullfile(matlabroot,'toolbox','matlab','demos','gatlin2.mat'))

次のようにファイルへの絶対パスを指定します。

visdiff('C:\Work\comp\lengthofline.m', 'C:\Work\comp\lengthofline2.m')

現在のフォルダーに関連するファイルへのパスを指定できます。上の例では、現在のフォルダーが Work の場合、関連パスは次のようになります。

visdiff('comp\lengthofline.m', 'comp\lengthofline2.m')

2 つのテキスト ファイルの比較

2 つのサンプル ファイル lengthofline.mlengthofline2.m の比較を表示するには、以下のように入力します。

visdiff(fullfile(matlabroot,'help','techdoc','matlab_env',...
'examples','lengthofline.m'), fullfile(matlabroot,'help',...
'techdoc','matlab_env','examples','lengthofline2.m'))

レポート機能の詳細は、「テキスト ファイルの比較」を参照してください。

    メモ:   比較するテキスト ファイルが XML ファイルの場合、MATLAB Report Generator をインストールしていると異なる結果が表示されます。詳細は、「ファイルとフォルダーの比較」を参照してください。

2 つの MAT ファイルの比較

2 つのサンプル ファイルを比較するには、以下のように入力します。

visdiff(fullfile(matlabroot,'toolbox','matlab','demos','gatlin.mat'), ...
fullfile(matlabroot,'toolbox','matlab','demos','gatlin2.mat'))

レポート機能の詳細は、「MAT ファイルの比較」を参照してください。

2 つのバイナリ ファイルの比較

次のサンプル コードでは、2 つの MEX ファイルを含んでいるフォルダーを MATLAB パスに追加してその 2 つのファイルを比較します。

addpath([matlabroot '\extern\examples\shrlib'])
visdiff('shrlibsample.mexw32', 'yprime.mexw32')

比較ツールが開き、ファイルが異なることを示しますが、違いに関する詳細は表示しません。

バイナリ比較の詳細については、「バイナリ ファイルの比較」を参照してください。

2 つのフォルダーまたは Zip ファイルの比較

フォルダーおよび zip ファイルの任意の組み合わせに対して、ファイル リスト比較を実行できます。サンプル フォルダーの比較とレポート機能の使用方法を確認するには、「フォルダーと Zip ファイルの比較」を参照してください。

ファイルの比較とタイプの指定

2 つのサンプル テキスト ファイルを比較して、比較タイプをバイナリと指定するには、以下の手順に従います。

visdiff(fullfile(matlabroot,'help','techdoc','matlab_env',...
'examples','lengthofline.m'), fullfile(matlabroot,'help',...
'techdoc','matlab_env','examples','lengthofline2.m'), 'binary')

タイプを指定しない場合、visdiff は選択したファイル用に既定の比較タイプ (この場合はテキスト比較) を作成します。バイナリ比較タイプに変更することで、行末の文字などの違いを調べることができます。

同様に、タイプを指定せずに XML ファイルを比較すると、階層的な XML 比較レポートが得られます。代わりにテキストまたはバイナリ比較を実行する場合は、「テキスト」または「バイナリ」比較タイプを指定して詳細を表示することができます。Zip ファイルを比較した場合、既定の比較タイプはファイル リスト比較になるため、バイナリ比較を指定すると良いでしょう。

代替方法

関数 visdiff の代わりとして、次の GUI メソッドのいずれかを使用してファイルおよびフォルダーを比較します。

  • 現在のフォルダー ブラウザーから:

    • ファイルまたはフォルダーを選択します。そのファイルまたはフォルダーを右クリックし、[比較対象を指定] を選択します。

    • 同じフォルダー内の 2 つのファイルまたはフォルダーの場合は、それらのファイルまたはフォルダーを選択します。次に、右クリックして [選択したファイル/フォルダーを比較] を選択します。

  • MATLAB デスクトップの [ホーム] タブの [ファイル] セクションで、[比較] をクリックし、比較するファイルまたはフォルダーを選択します。

  • ファイルがエディターで開かれている場合は、[エディター] タブの [ファイル] セクションで [比較] をクリックします。あるいは、[比較] で比較するファイルを選択するか、自動保存のバージョンまたはディスク上のバージョンと比較することもできます。「自動保存バージョンまたはディスク上のバージョンのファイルとの比較」 を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?