ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構文

view(az,el)
view([az,el])
view([x,y,z])
view(2)
view(3)
view(ax,...)
[az,el] = view

説明

視点の位置は、軸の方向を決めます。方位角と仰角を使って、または 3 次元空間内の点として視点を指定します。

view(az,el)view([az,el]) は、3 次元プロットの視点角度を設定します。方位角 az は、負の y 軸から角度で測定される z 軸周りの水平回転です。正の値は、視点が反時計回りであることを意味します。el は、視点の垂直方向の仰角 (度単位) です。正の仰角の値はオブジェクトの上向きの移動を、負の値は下向きの移動を意味します。

view([x,y,z]) は、視点方向を直交座標 xyz に設定します。(x,y,z) の大きさは無視されます。

view(2) は、既定の 2 次元の視点 az = 0, el = 90 を設定します。

view(3) は、既定の 3 次元の視点 az = –37.5, el = 30 を設定します。

view(ax,...) は、現在の座標軸の代わりに ax を使用します。

[az,el] = view は、現在の方位角と仰角を返します。

直接、真上からオブジェクトを見ます。

az = 0;
el = 90;
view(az, el);

y 軸に沿って視点を設定します。Figure では、x 軸は水平に伸び、z 軸は垂直に伸びます。

view([0 0]);

z 軸について視点を 180 度回転します。

az = 180;
el = 90;
view(az, el);

詳細

すべて展開する

ヒント

方位角は、x-y 平面内の角度で、視点の反時計周りが正の角度です。仰角 は、x-y 平面に対する上向き (正の角度) または下向き (負の角度) の角度です。

次の図は、座標系を示します。矢印は正の方向を示します。

参考

| | | | |

この情報は役に立ちましたか?