ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

varargout

可変長の出力引数の一覧

構文

varargout

説明

varargout は関数が任意の数の出力引数を返せるようにする関数定義ステートメントの出力変数です。小文字を使用して varargout を指定し、明示的に宣言された出力の後に最後の出力引数として含めます。関数を実行した場合、varargout は 1 行 N 列のセル配列となり、N は明示的に宣言された出力の後に要求された出力の数を表します。

すべて展開する

関数出力の変数番号

sizeout.m というファイルに、出力サイズ ベクトル s および追加のスカラー値の変数番号を返す関数を定義します。

function [s,varargout] = sizeout(x)
nout = max(nargout,1) - 1;
s = size(x);
for k=1:nout
   varargout{k} = s(k);
end

出力 s には、入力配列 x の次元が含まれます。追加の出力は、s 内の個々の次元に対応しています。

3 次元配列で sizeout を呼び出し、3 つの出力を要求します。

[s,rows,cols] = sizeout(rand(4,5,2))
s =
     4     5     2

rows =
     4

cols =
     5

参考

| | | | |

この情報は役に立ちましたか?