ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

uint16

16 ビット符号なし整数への変換

構文

intArray = uint16(array)

説明

intArray = uint16(array) は、配列の要素をクラス uint16 の符号なし 16 ビット (2 バイト) 整数に変換します。

入力引数

array

single または double などの数値クラスの配列。array が既にクラス uint16 の場合、関数 uint16 を指定しても効果はありません。

出力引数

intArray

クラス uint16 の配列。値の範囲は、0 ~ 216 – 1 です。

関数 uint16 は、範囲の外側にある array 内の文字を最も近い端点にマッピングします。たとえば、

uint16(2^16)   %  2^16 = 65536

は、以下を返します。

ans =
    65535

double 配列を uint16 に変換します。

mydata = uint16(magic(100));

代替方法

整数配列を事前割り当てする場合、(zerosones、または eye など) クラス名入力をサポートする関数を呼び出すクラスを指定します。たとえば、

I = uint16(zeros(100));     % Creates an intermediate array

は、以下ほど効率的ではありません

I = zeros(100, 'uint16');   % Preferred 

参考

| | | | | | | | | |

チュートリアル

この情報は役に立ちましたか?