ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

tstool

時系列ツールの GUI の起動

tstool は将来のリリースで削除される予定です。

  • 時系列オブジェクトを作成するには、timeseries を使用します。

  • 1 つまたは複数の timeseries オブジェクトを備えた時系列コレクションを作成するには、tscollection を使用します。

  • 変数エディターで時系列オブジェクトまたはコレクションを開くには、openvar を使用します。

  • 時系列オブジェクトをプロットするには、plot を使用します。

tstool(sldata)tstool(ModelDataLogs,'replace') は削除されています。ログ信号データを表示するには、代わりに Simulink® シミュレーション データ インスペクターを使用します。

構文

tstool
tstool(ts)
tstool(tsc)

説明

tstool は、データを読み込まずに、時系列ツールの GUI を起動します。

tstool(ts) は、時系列ツールの GUI を起動し、time-series オブジェクト ts を MATLAB® ワークスペースから読み込みます。

tstool(tsc) は、時系列ツールの GUI を起動し、time-series コレクション オブジェクト tsc を MATLAB ワークスペースから読み込みます。

参考

|

この情報は役に立ちましたか?