ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

TriScatteredInterp クラス

(削除予定) 内挿散布データ

    メモ:   TriScatteredInterp は将来のリリースで削除されます。代わりに scatteredInterpolant を使用してください。

説明

TriScatteredInterp は、2 次元または 3 次元空間にある散布したデータセットに対して内挿を実行するために使用します。散布データの集合は、X の位置で定義されるため、対応する値 V は、X の Delaunay 三角形分割を使って計算することができます。これは、V = F(X) という型の表面を生成します。この面は任意のクエリ位置 QX で出力でき、構文は QV = F(QX) になります (QXX の凸包内にあります)。内挿 F は、指定したサンプルのデータ集合を常に通過します。

定義

点集合の Delaunay 三角形分割は、各三角形の外接円に集合内の他の三角形のデータ点が含まれないような三角形です。点集合の凸包は、元の集合のすべての点を含む最小の凸集合です。これらの定義は、より高次元にも適用されます。

構築

TriScatteredInterp(削除予定) 内挿散布データ

プロパティ

X2 次元または 3 次元空間における散布データ点の位置を定義
V各データ点に関する値を定義
Methodデータを内挿するために使われる方法を定義
natural自然な近傍内挿
linear線形内挿 (既定の設定)
nearest最近傍点による内挿

セマンティクスのコピー

値。これがクラスの使用にどのように影響するかについての詳細は、『MATLAB® オブジェクト指向プログラミング』ドキュメンテーションの「ハンドル クラスと値クラスの比較」を参照してください。

データセットを作成します。

x = rand(100,1)*4-2;
y = rand(100,1)*4-2;
z = x.*exp(-x.^2-y.^2);

内挿を作成します。

F = TriScatteredInterp(x,y,z);

位置 (qx, qy) で内挿します。これらの位置の対応する値は qz です。

ti = -2:.25:2;
[qx,qy] = meshgrid(ti,ti);
qz = F(qx,qy);
mesh(qx,qy,qz);
hold on;
plot3(x,y,z,'o');

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?