ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

treelayout

ツリーまたはフォレストの配置

構文

[x,y] = treelayout(parent,post)
[x,y,h,s] = treelayout(parent,post)

説明

[x,y] = treelayout(parent,post) は、ツリーまたはフォレストの配置を行います。parent は、親ポインターのベクトルで、ルートの場合は 0 です。post は、ツリー ノード上でのオプションの postorder 置換です。post を省略すると、関数 treelayout 自身で計算します。xy は、きれいに見えるようにツリーのノードを配置するための、単位正方形の座標ベクトルです。

[x,y,h,s] = treelayout(parent,post) は、トップレベルの区切りの中で、頂点の数 s とツリーの高さ h を返します。

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?