ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

detrend

クラス: timeseries

timeseries オブジェクトから平均または最近似線およびすべての NaN の除去

構文

ts1 = detrend(ts, method)
ts1 = detrend(ts, method, index)

説明

ts1 = detrend(ts, method) は、指定した method を使用して、時系列データから平均または最近似線のいずれかを除去します。これらは、通常、FFT の処理で使用します。

ts1 = detrend(ts, method, index) は、オプションの index を使用して、トレンド除去する列または行を指定します。

ヒント

  • 3 次元以上の timeseries データに detrend を適用することはできません。

入力引数

ts

平均または最近似線およびすべての NaN を減算する timeseries オブジェクト。

method

以下のトレンド除去メソッドの 1 つを指定する文字列。

  • 'constant' — 平均を除去する。

  • 'linear' — 最近似線を除去する。

index

ts.IsTimeFirst が真の場合、トレンド削除する列または行を指定する整数配列。

出力引数

ts1

入力 timeseries オブジェクトをトレンド除去した結果として生成される timeseries オブジェクト。

参考

この情報は役に立ちましたか?