ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

readRGBATile

クラス: Tiff

RGBA インターフェイスを使ったタイル データの読み取り

構文

[RGB,alpha] = readRGBATile(row,col)

説明

[RGB,alpha] = readRGBATile(row,col) は RGBA インターフェイスを使ってタイルを読み取ります。rowcol は、要求されたタイルに含まれているピクセルの 1 から始まる行と列の数です。RGBm x n x 3 のカラーメトリック イメージから構成されています。ここで mn はそれぞれタイルの高さと幅で、alpha は関連するアルファ マッティングです。イメージにアルファ マッティングが関連付けられていない場合、alpha はすべての値が 255 (透明) に設定された行列になります。

タイルの境界がイメージの端を越えて広がる場合は、タイルは切断されます。

以下のタグの値に応じて、ピクセル値を変換できます。

PhotometricInterpretation
BitsPerSample
SamplesPerPixel
Orientation
ExtraSamples
ColorMap

Tiff オブジェクトを開き、RGBA インターフェイスを使って最初のタイルを読み取ります。

t = Tiff('example.tif','r');
t.setDirectory(1); 
[RGB,A] = t.readRGBATile(1,1);
t.close();

参照‏

このメソッドは、LibTIFF C API の関数 TIFFReadRGBATile に相当します。

このメソッドを使用するには、LibTIFF version 4.0.0 に加えて、TIFF 仕様とテクニカル ノートに精通していなければなりません。「LibTiff - TIFF Library and Utilities」でこのドキュメンテーションを参照してください。

参考

|

チュートリアル

この情報は役に立ちましたか?