ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

strrep

部分文字列の検索と置換

構文

modifiedStr = strrep(origStr, oldSubstr, newSubstr)

説明

modifiedStr = strrep(origStr, oldSubstr, newSubstr) は、文字列 origStr 内に出現するすべての oldSubstr を文字列 newSubstr に置き換えます。

文字配列のテキストを置き換えます。

claim = 'This is a good example.';
new_claim = strrep(claim, 'good', 'great')

MATLAB® は、以下を返します。

new_claim =
This is a great example.
 

セル配列のテキストを置き換えます。

c_files = {'c:\cookies.m'; ...
           'c:\candy.m';   ...
           'c:\calories.m'};
d_files = strrep(c_files, 'c:', 'd:')

MATLAB は、以下を返します。

d_files = 
    'd:\cookies.m'
    'd:\candy.m'
    'd:\calories.m'
 

セル配列のテキストを、2 番目のセル配列の値で置き換えます。

missing_info = {'Start: __'; ...
                'End: __'};

dates = {'01/01/2001'; ...
         '12/12/2002'};

complete = strrep(missing_info, '__', dates)

MATLAB は、以下を返します。

complete = 
    'Start: 01/01/2001'
    'End: 12/12/2002'
 

strrepregexprep の使い方を比較して、文字列を反復パターンで置き換えます。

repeats = 'abc 2 def 22 ghi 222 jkl 2222';
indices = strfind(repeats, '22')

using_strrep = strrep(repeats, '22', '*')
using_regexprep = regexprep(repeats, '22', '*')

MATLAB は、以下を返します。

indices =
    11    18    19    26    27    28

using_strrep =
abc 2 def * ghi ** jkl ***

using_regexprep =
abc 2 def * ghi *2 jkl **

詳細

すべて展開する

ヒント

  • strrep は、1 つの文字列、スカラー セルの文字列、文字列の同じサイズのセル配列などの入力の組み合わせを受け入れます。入力がセル配列の場合、strrep はセル配列を返します。

  • 関数 strrep は、空の文字列の検索と置換は行いません。つまり、origStroldSubstr の両方に空の文字列 ('') が含まれている場合、strrep''newSubstr の内容に置き換えません。

  • 関数 strfind と同様に、strrep は文字列を置き換える前に、origStroldSubstr のインスタンスをすべて見つけます。重複するパターンについては、strrep は複数の置き換えを実行します。「例」の節の最後の例を参照してください。

参考

|

この情報は役に立ちましたか?