ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

strjoin

セル配列内の文字列を単一文字列に結合

構文

  • str = strjoin(C)
  • str = strjoin(C,delimiter)

説明

str = strjoin(C) は、セル配列 C 内の各文字列をスペースを 1 つ使って結合することで、文字列 str を構築します。

str = strjoin(C,delimiter) は、delimiter の要素を使って C 内の各文字列を結合することで、文字列 str を構築します。

すべて展開する

空白を使って単語リストを結合

スペースを 1 つ使って、文字列のセル配列 C 内の個々の文字列を結合します。

C = {'one','two','three'};
str = strjoin(C)
str =

one two three

文字列のセル配列の結合

C = {'Newton','Gauss','Euclid','Lagrange'};
str = strjoin(C,', ')
str =

Newton, Gauss, Euclid, Lagrange

複数の異なる区切り記号を使って文字列を結合

文字列のセル配列に含まれる複数の異なる区切り記号を指定します。delimiter セル配列の要素の数は、C より 1 少なくなければなりません。

C = {'one','two','three'};
str = strjoin(C,{' + ',' = '})
str =

one + two = three

入力引数

すべて展開する

C - 入力テキスト1 行 n 列の文字列のセル配列

入力テキスト。1 行 n 列の文字列のセル配列として指定します。セル配列内の各要素は、1 行に文字列を 1 つ含んでいなければなりません。

例: {'The','rain','in','Spain'}

データ型:cell

delimiter - 区切り記号文字列 | 1 行 n 列の文字列のセル配列

区切り記号。単一の文字列または 1 行 n 列の文字列のセル配列として指定します。

  • delimiter が単一の文字列の場合、strjoinC の各要素の間に delimiter を挿入することで str を形成します。入力 delimiter には、以下の任意のエスケープ シーケンスを含めることができます。

    \\

    バックスラッシュ

    \0

    ヌル

    \a

    アラーム

    \b

    バックスペース

    \f

    フォーム フィード

    \n

    改行

    \r

    キャリッジ リターン

    \t

    水平タブ

    \v

    垂直タブ

  • delimiter が文字列のセル配列の場合は、含まれる要素の数は C より 1 小さい数でなければなりません。セル配列内の各要素は、1 行に文字列を 1 つ含んでいなければなりません。strjoin は、delimiterC の要素をインターリーブすることで str を形成します。delimiter の文字はすべてリテラル テキストとして挿入され、エスケープ シーケンスはサポートされません。

例: ', '

例: {',',' '}

データ型:char | cell

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?