ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

stream2

2 次元ストリームライン データの計算

構文

XY = stream2(x,y,u,v,startx,starty)
XY = stream2(u,v,startx,starty)
XY = stream2(...,options)

説明

XY = stream2(x,y,u,v,startx,starty) は、ベクトル データ uv からストリームラインを計算します。

uv の座標を定義する配列 xy は、単調でなければなりませんが、等間隔でなくても構いません。また xy は、meshgrid で作成されたかのように、同じ数の要素が含まれていなければなりません。

startxstarty は、ストリームラインの開始位置を定義します。「ストリーム プロットの開始位置の指定」の節では、開始点の定義に関する詳細が説明されています。

戻り値 XY は、頂点配列のセル配列を含んでいます。

XY = stream2(u,v,startx,starty) は、配列 xy が、[m,n] = size(u) である [x,y] = meshgrid(1:n,1:m) として定義されていることを前提としています。

XY = stream2(...,options) は、ストリームラインの作成時に使用するオプションを指定します。options は、ステップ サイズ、またはステップ サイズとストリームライン内の頂点の最大数を含む 1 要素または 2 要素からなるベクトルとして定義します。

[stepsize]

または

[stepsize, max_number_vertices]

値を設定しない場合、MATLAB® ソフトウェアは、以下の既定の設定を使用します。

  • ステップ サイズ = 0.1 (セルの 1/10)

  • 頂点の最大数 = 10000

stream2 により返されるデータをプロットするには、streamline コマンドを使用してください。

次の例では、北アメリカでの大気の流れを表すデータから 2 次元ストリーム ラインを描画します。

load wind
[sx,sy] = meshgrid(80,20:10:50);
streamline(stream2(x(:,:,5),y(:,:,5),u(:,:,5),v(:,:,5),sx,sy));

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?