ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構文

s = std(X)
s = std(X,flag)
s = std(X,flag,dim)

定義

データ ベクトル X の標準偏差 s に対して、2 つの一般的な定義があります。

ここで、

と n はサンプル内の要素数です。2 つの方程式は、分母の n - 1 と n が異なります。

説明

s = std(X)X がベクトルのとき、上記の (1) を使用して標準偏差を計算します。X が分布からのランダムなサンプルの場合、結果の s は、X が描かれた分散のバイアスが適用されていない推定の平方根です。

X が行列の場合、std(X)X の各列の要素の標準偏差を含む行ベクトルを返します。X が多次元配列の場合、std(X)X の最初の大きさが 1 でない次元の要素の標準偏差です。

flag = 0,s = std(X,flag) は、std(X) と同じ結果になります。flag = 1 の場合、std(X,1) は、上記の (2) を使用して標準偏差を計算し、平均に対してサンプルの 2 次モーメントを返します。

s = std(X,flag,dim) は、スカラー dim で指定した X の次元に沿って標準偏差を計算します。n-1 で Y を標準化するには flag0 に設定し、n で標準化するには flag1 に設定します。

入力配列 X は、すべての構文について double 型または single 型でなければなりません。

行列 X に対する計算は以下のとおりです。

X =
      1     5     9
     7    15    22
s = std(X,0,1) 
s = 
    4.2426    7.0711   9.1924
s = std(X,0,2)
s = 
    4.000
    7.5056

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?