ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

specular

構文

R = specular(Nx,Ny,Nz,S,V)

説明

R = specular(Nx,Ny,Nz,S,V) は、通常のベクトル要素 [Nx,Ny,Nz] をもつ表面の反射を返します。S および V は、それぞれ光源および視点への方向を指定します。これらの方向は、3 つのベクトル [x,y,z] または 2 つのベクトル [Theta Phi] (球面座標) で指定できます。

鏡面の強調は、S が光源の方向で V が視点方向とすると、法線ベクトルが (S+V)/2 の方向のときに最も強くなります。

面の拡がり指数は、specular(Nx,Ny,Nz,S,V,spread) のように 6 番目の引数で指定できます。

この情報は役に立ちましたか?