ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

特殊文字 [ ] ( ) {} = ' . ... , ; : % ! @

構文

[ ]
{ }
( )
=
'
.
.
.( )
..
...
,
;
:
%
%{ %}
!
@

説明

[ ]

大かっこは、ベクトルと行列を形成するために使用します。[6.9 9.64 sqrt(-1)] は、空白で区切られた 3 要素のベクトルです。[6.9, 9.64, i] も同じです。[1+j 2-j 3][1 +j 2 -j 3] は同じではありません。最初のベクトルは 3 要素で、2 番目のベクトルは 5 要素です。

[11 12 13; 21 22 23] は、2 行 3 列の行列です。セミコロンは、最初の行を終了します。

ベクトルと行列は、大かっこ [ ] 内で使用できます。[A B;C] は、A の行の数が B の行の数と等しく、A の列の数と B の列の数を加算すると、C の列の数になる場合に使用できます。この方法を使用して、かなり複雑な行列をわかりやすく作成することができます。

A = [ ] は、A に空行列を保存します。A(m,:) = [ ] は、Am 行目を削除します。A(:,n) = [ ] は、An 列目を削除します。A(n) = [ ] は、A を列ベクトルに変形し、n 番目の要素を削除します。

[A1,A2,A3...] = function は、関数の出力を複数の変数に割り当てます。

複数の代入ステートメント内の "=" の左辺での [] の使用方法については、lueigsvd などのヘルプを参照してください。

{ }

中かっこは、セル配列の代入ステートメント内で使用します。たとえば、A(2,1) = {[1 2 3; 4 5 6]}A{2,2} = ('str') のように使用されます。{ } の詳細は、help paren のヘルプを参照してください。

( )

丸かっこは、通常の方法で算術式の優先順位を示すために使用します。通常の方法で関数の引数を囲むために使用します。また、通常よりもさらに一般的な方法でベクトルや行列の添字を囲むためにも使用します。XV がベクトルの場合、X(V)[X(V(1)), X(V(2)), ..., X(V(n))] となります。V の要素は、添字として使用される整数でなければなりません。添字が 1 より小さいか、X のサイズより大きい場合は、エラーになります。その例は次のとおりです。

  • X(3)X の 3 番目の要素です。

  • X([1 2 3])X の最初の 3 つの要素です。

    ( ) の詳細は、help paren のヘルプを参照してください。

Xn 個の要素がある場合、X(n:–1:1) はそれらの要素を反転します。同じ間接的な添字が行列内で機能します。Vm 個の要素があり、Wn 個の要素がある場合、A(V,W) は、添字が V および W の要素である A の要素から形成された mn 列の行列です。たとえば、A([1,5],:) = A([5,1],:) は、A の 1 行目と 5 行目を入れ替えます。

=

代入ステートメント内で使用します。B = A は、A の要素を B に保存します。== は、等しいを意味する関係演算子です。「関係演算子 < > <= >= == ~=」のページを参照してください。

'

行列転置X' は、X の複素共役転置です。X.' は非共役転置です。

引用符。'any text' はベクトルで、各要素は文字に対する ASCII コードです。テキスト内の引用符は、2 つの引用符で表されます。

.

小数点。314/1003.14、および .314e1 はすべて同じです。

要素ごとの演算です。これらは、.*、.^./、または .\ を使用して取得されます。「算術演算子」のページを参照してください。

.

フィールドへのアクセス。S(m).f は、S が構造体の場合に、その構造体のフィールド f の内容にアクセスします。

.( )

動的フィールドへのアクセス。S.(df) は、S が構造体の場合に、その構造体の動的フィールド df の内容にアクセスします。動的フィールド名は、実行時に定義されます。

..

親フォルダー。cd のヘルプを参照してください。

...

継続機能。行末の 3 つ以上のピリオドは、現在の関数を次の行に続けるために使用します。行末の前に 3 つ以上のピリオドを設定すると、MATLAB® ソフトウェアでは現在の行のテキストを無視し、次の行の関数を続行します。これにより、3 つのピリオドに続く現在の行をコメント アウトすることが有効になります。例は、「複数行での長いステートメントの継続」を参照してください。

,

コンマ。行列の添字や関数の引数を分離するために使用します。複数のステートメントからなる行でステートメントを分離するために使用します。複数のステートメントからなる行の場合、コンマをセミコロンに置き換えると、非表示にすることができます。

;

セミコロン。行を終了するために大かっこ内で使用します。非表示またはステートメントを分離する式やステートメントの後に使用します。

:

コロン。ベクトル、配列の添字、および for ループの反復の作成詳細は、colon (:) のヘルプを参照してください。

%

パーセント。パーセント記号はコメントを示します。つまり、論理的な行末を示します。パーセント記号に続くテキストは無視されます。MATLAB では、help コマンドに応答して、関数またはスクリプト ファイルに最初の連続したコメント行が表示されます。

%{ %}

パーセント記号付き中かっこ。%{ 記号と %} 記号で囲まれたテキストは、コメント ブロックです。これらの記号を使用して、複数行あるコメントを関数コードのスクリプトに挿入します。これらの 2 つの記号の間にあるテキストは、MATLAB によって無視されます。

空白文字の例外はありますが、%{ と %} の演算子は、ヘルプ テキストのブロックの直前と直後に単独で記述する必要があります。これらの行には他のテキストを一切含めないでください。

!

感嘆符。感嘆符の後に続く入力行が、オペレーティング システムへのコマンドとして発行されることを指定します。「外部コマンド、スクリプト、プログラムの実行」を参照してください。

@

関数ハンドル。関数ハンドルとなる MATLAB データ型です。詳細は、function_handle (@) のヘルプを参照してください。

詳細

すべて展開する

ヒント

特殊文字の使用方法によっては、次に示すように等価な機能をもつ関数があります。

水平方向の連結

[A,B,C...]

horzcat(A,B,C...)

垂直方向の連結

[A;B;C...]

vertcat(A,B,C...)

添字のリファレンス

A(i,j,k...)

subsref(A,S)subsref のヘルプを参照してください。

添字の割り当て

A(i,j,k...)= B

subsasgn(A,S,B)subsasgn のヘルプを参照してください。

    メモ:   一部のツールボックスの場合、特殊文字がオーバーロードされます。つまり、そのツールボックスのコンテキストで同様に実行されません。特定の文字をオーバーロードするツールボックスを確認するには、help の後に文字名を入力します。たとえば、help transpose と入力すると、transpose (.') をオーバーロードするツールボックスが表示されます。そのツールボックスでの文字の使用方法については、ツールボックスに関するドキュメンテーションを参照してください。

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?